ジャック・オブ・スペード

個数:
電子版価格 ¥2,530
  • 電書あり

ジャック・オブ・スペード

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月25日 07時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 243p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309207490
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

出版社内容情報

人気ミステリー作家は、別名で身の毛もよだつ小説を発表していた。家族の葛藤や盗作疑惑で泥沼にはまる作家をめぐるサスペンス。

ジョイス・キャロル・オーツ[オーツ,ジョイス キャロル]
著・文・その他

栩木 玲子[トチギ レイコ]
翻訳

内容説明

アンドリュー・J・ラッシュは「紳士のためのスティーヴン・キング」と称される人気ミステリー作家。「町一番の有名人」として、愛する妻と幸せに暮らしている。しかし、C・W・ヘイダーなる人物から謎の盗作疑惑で告発された彼は、正体不明な不安に取り憑かれる。甦る記憶、家族との緊張関係、嫉妬、ミステリーを書く困難…。彼は、別の名前で「残酷で野蛮で身の毛がよだつ」ノワール小説も発表していた。オーツ自身の体験もふまえて「書くこと」の謎に肉薄する異色ミステリー。

著者等紹介

オーツ,ジョイス・キャロル[オーツ,ジョイスキャロル] [Oates,Joyce Carol]
1983年アメリカ・ニューヨーク州生まれ。大学卒業後、1963年に短篇集『北門のかたわらで』でデビュー。ミステリー、ホラー、ファンタジー、ノンフィクション、児童書など、ジャンルを超えて数多くの作品を発表する。長篇『かれら』(68)で全米図書賞を受賞。現代アメリカ文学屈指の短篇の名手として知られている。また、ロザモンド・スミス名義でミステリーも発表している

栩木玲子[トチギレイコ]
1960年生まれ。法政大学教授。専門はアメリカ文学・文化研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かりさ

63
オーツ長篇作品は自身も経験のある「盗作疑惑」事件をテーマにした作品。スティーヴン・キングへのオマージュ仕立てになっているのも、同じ境遇にあった経験からというのも興味深い。オーツならではの繊細な心理描写が読み手の想像の力を得て次第に狂気へと誘います。‪内面的な変化の筆致がリアルで惹き込まれました。‬ラストはすごい。2018/12/05

星落秋風五丈原

44
紳士のようなスティーヴンキングと言われる小説を書いているアンドリューは別名義でバイオレンスばりばりの小説を書いているうちいつもと違う行動を取るようになって…。作中わざわざ小さい文字で書いてあるところがポイント。2018/10/24

ヘラジカ

40
多作な割に邦訳が少ないジョイス・キャロル・オーツの二番目に新しい長編。まさしくスティーヴン・キングの『秘密の窓、秘密の庭』や『ダーク・ハーフ』のオマージュかのような設定だが、オーツ特有の悪意と狂気がたっぷり詰め込まれ、当然のことながら簡単なサイコホラーには終わらない。『生ける屍』のようにガツンとくる衝撃はないが、じわりじわりと読者を蝕む毒素は健在である。ノーベル賞候補と持ち上げられてるけど、オーツ自身はミステリーやホラー作家でありたいんだろうなあと感じさせる一冊。2018/09/23

ネコベス

24
「紳士の為のスティーブン・キング」と呼ばれる中堅ミステリ作家アンドリュー・ラッシュは秘密裏にジャック・オブ・スペードの名で残酷でどぎついノワールを発表していた。ある日見知らぬ老婦人から盗作をしていると告発される。キングと共に訴えられそうになった事実を元に作家の日常を描いたメタフィクション的スリラー。徐々にスペードに人格を侵食され次第に狂気を帯びるアンドリューの言動等サスペンスの盛り上げ方は巧みだが、内容はありきたりで既視感があり容易に先が読めてしまう佳品。2018/12/05

くさてる

21
コントロールを失った猛スピードの車が疾走していくのをただ眺めるしかないような感覚で読んだ。かのスティーヴン・キングの名前がやたらと出るあたりとかちょっと楽屋落ちっぽく、すごい傑作とは言いづらいのだけど、オーツはこの手のまったく好感が持てないのにその運命が気になって読み続けずにはいられないキャラクターを書くのがうまいなあと思いました。やっぱりもっとたくさん読みたい作家です。2018/11/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13091879

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。