歴史新書
西郷隆盛の明治―激動の10年を追う

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 192p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784800311801
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0221

内容説明

迫りくる欧米列強、徳川家衰退による動乱。幕末の国難に立ち向かった男、西郷。新生日本をみごとに誕生させるが、それは悲劇の始まりでもあった。維新最大の功労者は、「賊」となった。彼は何を考え、そして何を想って死んでいったのか。

目次

プロローグ なぜ西郷は江戸城総攻撃を中止したのか
第1章 なぜ西郷は政府入りせず薩摩藩に戻ったのか―戊辰戦争の後始末
第2章 なぜ西郷は島津久光の憎しみを買ったのか―鹿児島の混乱
第3章 西郷は明治政府で何をしたのか―政府トップの苦悩
第4章 なぜ西郷は大久保利通と訣別したのか―盟友関係の突然の終わり
第5章 なぜ西郷は西南戦争を起こしたのか―朝敵への転落
第6章 なぜ西郷は人気があるのか―西郷伝説のはじまり
エピローグ 家庭での西郷はどうだったのか

著者等紹介

安藤優一郎[アンドウユウイチロウ]
1965年、千葉県生まれ。歴史家。文学博士(早稲田大学)。早稲田大学教育学部社会科地理歴史専修卒業、同大学文学研究科博士後期課程満期退学。江戸をテーマとする執筆・講演活動を展開。JR東日本「大人の休日倶楽部」、東京理科大学生涯学習センターなどの生涯学習講座の講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

なぜ、西郷の人生は暗転してしまったのか。征韓論と西南戦争以外は知られていない西郷の後半生を通じて迫る。