グローバル保健ガバナンス

個数:

グローバル保健ガバナンス

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月12日 17時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 292p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798916538
  • NDC分類 498
  • Cコード C3032

内容説明

今なお猛威をふるう新型コロナウイルス感染症(COVID‐19)の世界的流行によって、国際的な感染症対策のあり方は再考を迫られ、新たな境地に達している。新型コロナウイルスに対する各国の対処方法が国や地域ごとによって大きな差異が生じている一方、グローバルな感染症対策を主導すべきWHOは、その対応をめぐって各国からの批判の的とすらなっている。国際的な感染症に対するグローバル・カバナンスをその歴史的経緯から丁寧に紐解き、今後のグローバルな感染症対策の方向性を提示した今必読の一冊。

目次

第1部 基本的枠組み(グローバル保健ガバナンスとは何か?;国際保健規則とグローバル保健ガバナンスの構造;UHCの国際的な伝播とグローバルヘルス外交―「すべての人に健康を」という潮流のなかでの規範の展開)
第2部 国際レベルにおけるガバナンス(複合リスクとしてのエボラ出血熱とガバナンスの失敗;グローバル保健改革―G7における議論とWHO・国連・世界銀行における対応;UHC主流化に向けた国際動向と日本の取組み―国連総会UHCハイレベル会合を中心として)
第3部 国レベルにおける保健外交とガバナンスの課題(先進国の保健外交―フランスとWHOの連携を中心として;中国における保健ガバナンス改革と国際的展開)
補論(新型コロナウイルス対応における安全保障的側面の顕在化とマネジメントの課題―国際的動向;新型コロナウイルス感染症への対応におけるガバナンス―日本の場合)

著者等紹介

城山英明[シロヤマヒデアキ]
東京大学公共政策大学院・大学院法学政治学研究科教授。東京大学法学部卒業(法学士)。東京大学法学部助手、東京大学大学院法学政治学研究科助教授、東京大学大学院法学政治学研究科教授を経て、現職。東京大学政策ビジョン研究センター長(2010‐2014年)、東京大学公共政策大学院長(2014‐2016年)、東京大学未来ビジョン研究センター副センター長(2019年‐)を兼務。専門は行政学で、国際行政、科学技術と公共政策、政策形成プロセスに関する研究に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。