グローバルに問われる日本の大学教育成果

個数:
  • ポイントキャンペーン

グローバルに問われる日本の大学教育成果

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年09月20日 22時47分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 192p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798915463
  • NDC分類 377.1
  • Cコード C3037

内容説明

今日、どのような資質・能力―コンピテンス―が、国際社会に求められているのだろうか。本書は、2015~2017年に計3回、11の専門分野、7000名に及ぶ大学生・卒業生・教員・企業人らに向けて実施された「グローバルに問われる能力」に関する調査データの詳細な統計分析結果を紹介する。日本の大学教育成果を具体化した実証研究からは、産学それぞれの求める「コンピテンス」の認識の相違が示されるなど、大学関係者にとって重要な示唆が導かれている。

目次

第1章 コンピテンスとは
第2章 コンピテンス調査の概要
第3章 日本の大学で習得された、もしくは重要だと考えられている専門コンピテンス
第4章 対象者間の違い:企業人の認識は大学関係者とどのように違うのか
第5章 大学間の違いはどのようなコンピテンスで見られるのか
第6章 経済学とビジネスの詳細分析
第7章 汎用コンピテンスについてわかったこと
第8章 結論:調査から分かったこと

著者等紹介

加藤真紀[カトウマキ]
一橋大学森有礼高等教育国際流動化機構准教授、東北大学大学院情報科学研究科後期博士課程人間社会情報科学修了(博士(情報科学))、マサチューセッツ州立大学教育学部修士課程国際教育専攻修了

喜始照宣[キシアキノリ]
園田学園女子大学人間健康学部助教、東京大学大学院教育学研究科博士課程満期退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。