放射能汚染はなぜくりかえされるのか―地域の経験をつなぐ

個数:

放射能汚染はなぜくりかえされるのか―地域の経験をつなぐ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 206p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784798914947
  • NDC分類 539.68
  • Cコード C3036

内容説明

放射能汚染による被害は、その不可視性や晩発性、科学的知見が未確立であることなどによって、これまで過小評価されてきた。また、原爆と原発など事例ごとに経験が分断されやすく、共通の教訓を導き出すのが難しくなっている。本書は、広島・長崎での原爆投下をはじめJCO臨界事故や福島第一原発事故など、国内各地で起こった放射能汚染、原子力事故に関する詳細な分析を通して、被害の実態と、被害が過小評価されてきた構造的要因を明らかにする。過去から学び、同じ轍を踏まないための、まさに時宜を得た研究である。

目次

序章 くりかえされる放射能汚染問題―いかに経験をつないでいくか
第1章 「唯一の被爆国」で続く被害の分断―戦争・原爆から原発へ
第2章 スティグマ経験と「差別の正当化」への対応―長崎・浦上のキリスト教者の場合
第3章 人形峠ウラン汚染事件裁判の教訓と福島原発事故汚染問題
第4章 鳥取の新しい環境運動をたどる―青谷・気高原発立地阻止とウラン残土放置事件から3・11後へ
第5章 茨城県東海村におけるJCO臨界事故と東日本大震災
第6章 「低認知被災地」における問題構築の困難―茨城県を事例に
第7章 福島原発事故における被害者の分断―賠償と復興政策の問題点
終章 市民が抱く不安の合理性―原発「自主避難」に関する司法判断をめぐって

著者等紹介

藤川賢[フジカワケン]
明治学院大学社会学部教授、東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程満期退学

除本理史[ヨケモトマサフミ]
大阪市立大学大学院経営学研究科教授、一橋大学博士(経済学)、日本環境会議(JEC)事務局次長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。