再帰的=反省社会学の地平

個数:

再帰的=反省社会学の地平

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月17日 22時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 241p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798914589
  • NDC分類 361.04
  • Cコード C3036

内容説明

単線的な進化論的近代を超え、自己反省的に己を壊し絶え間なく姿を変化させる「再帰的近代」社会が登場した。こうした流動的な近代・社会の登場は社会学界に大きな旋風となり、反省社会学―リフレクシヴ・ソシオロジー―として様々な議論が交わされてきた。本書は、グールドナー、ギデンズ、ベック、ラッシュ、ブルデュー、メルッチ、バウマン、ルーマン、アーチャーといった泰斗たちが築いた社会学理論からこれまでのリフレクシヴ・ソシオロジー論を眺望した挑戦的論集。

目次

1 A.グールドナーの「再帰的=自己反省の社会学」
2 S.ラッシュにおける再帰性―再帰的近代化論批判からもう一つのモダニティ論へ
3 P.ブルデューの反省性
4 A.メルッチの“未発のリフレクション”―痛むひとの“臨場・臨床の智”と“限界状況の想像/創造力”
5 社会学批判から批判社会学へ―一九七〇年代におけるZ.バウマンの社会学観と「社会学的解釈学」
6 N.ルーマンの知識社会学―道徳化する現代政治と反省性をめぐって

著者等紹介

矢澤修次郎[ヤザワシュウジロウ]
1942年生まれ。一橋大学、成城大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。