社会調査における非標本誤差

個数:

社会調査における非標本誤差

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月17日 22時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798914138
  • NDC分類 361.9
  • Cコード C3036

内容説明

社会科学の対象認識は社会調査によって得られた成果に依存し「科学」たらしめているが、今日の社会調査には「あてにならない」ものも多数横行していることは事実であろう。その調査結果が信頼に値するかどうかは、社会調査における人為的なミスつまり統計的に予測できない誤差の発生に由来している。本書はこの非標本誤差について総合的に考察し「あてにできる」調査になる方途を豊富な経験に基づき定式化した本格的労作である。

目次

第1章 社会調査と誤差
第2章 総調査誤差アプローチ
第3章 網羅誤差
第4章 非回答誤差1―回答率の低下
第5章 非回答誤差2―回答率と偏りの関係
第6章 非回答誤差3―非回答の理論
第7章 測定誤差1―質問文に起因するもの
第8章 測定誤差2―調査員に起因するもの
第9章 測定誤差3―回答者に起因するもの
第10章 集計誤差
終章―「あてになる」調査の難しさ

著者等紹介

吉村治正[ヨシムラハルマサ]
1967年生まれ。慶應義塾大学院法学研究科(政治学)からシカゴ大学社会学部に留学。Ph.D. in Sociology. 青森大学専任講師・同准教授を経て、2011年より奈良大学准教授。現在、同大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。