石原慎太郎とは?戦士か、文士か―創られたイメージを超えて

個数:

石原慎太郎とは?戦士か、文士か―創られたイメージを超えて

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 188p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784798913698
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C3036

内容説明

メディアを賑わし続けてきた石原の言動。強い反感を招くも、その存在感も強かった。悪しきポピュリズムと批判するはたやすいが、最近のベストセラー『天才』を含む膨大な作品群の読み解きを通じ本書が示すは、この人の社会的アクションが作品の主要登場人物の生き方と同根だという事実であろう。行動が現実と激突して生じる亀裂をさらに行動によって乗り越える「亀裂の弁証法」は、今日の「空虚な」日本に対する石原の「過激な」言動にも顕著に現れているのだ。

目次

第1章 描かれる時、描く時
第2章 生き方さがし
第3章 青春のピュリティ
第4章 日本よ!
第5章 嫌悪という情念
第6章 生きる感覚
第7章 人を描くその時の時
第8章 空虚な芯「日本」
第9章 結論

著者等紹介

森元孝[モリモトタカ]
博士(文学)。1955年大阪生まれ。1979年早稲田大学教育学部社会科学専修卒業。1985年早稲田大学文学研究科社会学専攻博士課程修了。早稲田大学大一文学部助手、文学部専任講師、助教授を経て1995年早稲田大学第一、第二文学部教授。2007年早稲田大学文化構想学部社会構築論系教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。