「深い学び」につながるアクティブラーニング―全国大学の学科調査報告とカリキュラム設計の課題

個数:
  • ポイントキャンペーン

「深い学び」につながるアクティブラーニング―全国大学の学科調査報告とカリキュラム設計の課題

  • 河合塾【編著】
  • 価格 ¥3,080(本体¥2,800)
  • 東信堂(2013/04発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 56pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 334p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784798901695
  • NDC分類 377.15
  • Cコード C3037

内容説明

一方通行型の講義のみによる大学教育の限界が指摘され、すでに多くの大学でアクティブラーニングの導入が進む。そして今や、単にアクティブラーニングを導入することだけが目的ではなく、いかに学生を「深い学び」に導くのかが問われる段階へと到達してきている。本書は、資格系を除く全国の国公私大の952学科を対象に詳細な調査結果および、先進事例の実地調査の報告を掲載。加えて、「深い学び」につながるアクティブラーニングを探るシンポジウムの全記録を収録し、今後のアクティブラーニングと、「専門ゼミ」「専門研究」のあり方を提言する。

目次

第1部 河合塾からの2011年度大学のアクティブラーニング調査報告
第2部 大学からの事例報告(なぜ多くの授業でアクティブラーニングが導入されるのか―「ちょっと大変だけれど実力がつく大学」の現場から;演習と論文指導によるプラクティカル・エコノミストの育成)
第3部 アクティブラーニングの理論的課題と実践的課題―「深い学び」につながる工夫とは(何をもってディープラーニングとなるのか?―アクティブラーニングと評価)
第4部 課題抽出と解決策のワークショップ