マンガと映画―コマと時間の理論

個数:
  • ポイントキャンペーン

マンガと映画―コマと時間の理論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月16日 06時37分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 470p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784757143210
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0095

内容説明

「マンガと映画は同時代文化である」ガチな理論と柔軟な感性の衝突が生んだマンガ批評の超新星!

目次

マンガはどこにあるか
第1部 媒体・様式・体系(メディウム・スペシフィシティ;メディウムからスタイルへ;手法からシステムへ)
第2部 戦後日本マンガにおける映画的様式(空間のリアリズム;物語と編集;フレームと視線)
第3部 近代マンガの時間(運動;時間;コマ)
結論にかえて―近代の半神

著者紹介

三輪健太朗[ミワケンタロウ]
1986年生まれ、長野県松本市出身。東京大学文学部哲学専修課程卒業。学習院大学大学院身体表象文化学専攻博士前期課程修了。現在、同博士後期課程在籍。日本学術振興会特別研究員DC(2012~13年度)。東京工芸大学マンガ学科非常勤講師(2013年度~)。『マンガと映画―コマと時間の理論』が初の単行本となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

マンガにとって映画とは?

これまでのマンガ研究では、映画との比較研究はあっても、映画学で用いられている言葉を導入しただけで、マンガにおける表現の本質を突くまでは至っていない。
従来の「マンガと映画の比較」ではなく、「映画的手法」という言葉がなぜマンガ研究で多用されるのか、その背景と思想を探ることで、マンガと映画を貫く視座を打ち出す。マンガ研究を超え、現代視覚文化論へと至る道を切り拓く。

序 章 マンガはどこにあるか

第1部 媒体・様式・体系
第1章 メディウム・スペシフィシティ
第2章 メディウムからスタイルへ
第3章 手法からシステムへ

第2部 戦後日本マンガにおける映画的様式
第4章 空間のリアリズム
第5章 物語と編集
第6章 フレームと視線

第3部 近代マンガの時間
第7章 運動
第8章 時間
第9章 コマ

【著者紹介】
1986年生まれ。学習院大学大学院人文科学研究科身体表象文化学専攻博士後期課程在学中。専攻は身体表彰文化学専攻/表彰文化学(マンガ研究、映画研究)。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件