シリーズ日本の教育を問いなおす<br> 教育における評価とモラル

個数:

シリーズ日本の教育を問いなおす
教育における評価とモラル

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 194p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798900421
  • NDC分類 371.7
  • Cコード C3037

内容説明

万人に平等な機会を提供することは、近代教育の重要な目的の一つだった。しかし、「ゆとり教育」で公教育の質が低下する一方、受験競争は低年齢化し、子ども一人ひとりにかかる教育費負担の増大から、家庭の経済状況による教育の格差は拡大しつつある。教育格差がさらに社会格差を再生産する状況を打破するため、教育と社会のつながりを見すえた改革が必要である。本書は格差の再生産を生み出す教育制度の問題点を指摘するとともに、それに代わる再チャレンジ可能な仕組みを追求する。

目次

第1部 新学力観と成績評価(新学力観の背景;新学力観による評価と入学判定;ゆとり教育の置き土産―「絶対評価」)
第2部 道徳観をどう回復するか(基本的モラルをどう身につけるか;少年はどこへ向かうのか;子育てと道徳心)
第3部 教育評価のあり方(測れるもの、測れないもの―「評価」の限界を問う;地方主権における教育サービスの評価方法;社会におけるモラル回復のための大学評価)

著者等紹介

戸瀬信之[トセノブユキ]
慶應義塾大学経済学部教授

西村和雄[ニシムラカズオ]
京都大学経済研究所特任教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。