殺すこと/殺されることへの感度―二〇〇九年からみる日本社会のゆくえ

個数:

殺すこと/殺されることへの感度―二〇〇九年からみる日本社会のゆくえ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 100p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798900261
  • NDC分類 304
  • Cコード C0036

内容説明

新自由主義、労働と貧困、臓器移植、「新しい戦争」、外国人問題、オキナワ、政権交代、そして「東アジア共同体」…気鋭の社会学者が、日本社会の過去・現在・未来に深く切り込み、いま本当に必要とされる議論を提示する。

目次

“二〇〇九年”から考え始める―新自由主義批判から歴史/社会認識の再構築へ
再帰的実践の回路の再構築―“社会を観察し記録し発信すること”の意味
“暴力の移譲”に抗して―生存と自律のための思考を再文脈化するために
主権のはてしない分散化・遍在化―ガザ‐アフガン‐ソマリア沖の“戦争”
ベーシック・インカムの試練―定額給付金の支給をめぐる諸問題から
“運動体・賀川豊彦”を思考すること―福祉とアソシエーションの系譜学のために
いつまで矛盾を押しつけるのか―沖縄そして硫黄諸島の歴史性/現在性
転位する外国人管理と日本社会―“戦後責任”の忘却に抗して
生の廃棄を加速する法―“新・臓器移植法体制”に抗するために
居住の権利からの再審―選挙で問われなかった所有をめぐる諸問題
天皇制国民国家とその余白―共和制への想像力とともに
「基地の全面移設か、日本との決別か」―日本の政権交代と“沖縄”
殺すこと/殺されることへの感度―人種主義社会と恒久的派兵国家の途に進まないために
“ポスト冷戦的状況”の本格的な始まり―変動期の日本社会に求められること三題
“二〇〇九年”の先を見すえる―転換期の日本社会と「東アジア共同体」

著者等紹介

石原俊[イシハラシュン]
1974年、京都市生まれ。京都大学大学院文学研究科社会学専修博士後期課程修了。博士(文学)。専門は、社会学・歴史社会学。現在、明治学院大学社会学部教員。著書に、『近代日本と小笠原諸島―移動民の島々と帝国』(平凡社、2007年、第7回日本社会学会奨励賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

寛生

43
【図書館】題にある《感度》という言葉に注目したい。コトバも誰彼、この個人の所有物ではなく、人間と人間の間にあるもの、日々人間と人間同士の間で常に生まれ死に、そして生まれ死んでゆくようなものかもしれない。それは、例えがよくないかもしれないが、ニィーチェの永劫回帰のようなものなのかもしれない。だからこそ、今こそ、全身全霊でことばに真剣になることが求められていると感じる。言葉自身がオンライン化されプラスチィック-plastic-そのものになりかけ、市場と国家のモードに流され、言葉も人間も息ができなくなっている。2014/09/05

→chika

6
先輩におすすめされて読んだんだけど、超良い本だった。ひとつひとつ短いけど、重要なテーマ(ナショナリズム、新自由主義、情動、植民地主義などなど…)を扱っていて、内容がめっちゃ濃い。脚注の解説も丁寧で、とても助かった。時間置いてもう一度読みたい。2018/06/16

岩崎俊

3
筆者はこの本を「読み捨てられる」ために書かれた、としている。しかし私は、この本は読み捨ててはならないと感じる。2014/01/29

UCD

2
難しかったけど、とても勉強になった。いい本です。2014/01/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1297374

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。