九州大学人文学叢書<br> アリストテレスの知識論―『分析論後書』の統一的解釈の試み

個数:

九州大学人文学叢書
アリストテレスの知識論―『分析論後書』の統一的解釈の試み

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年08月01日 16時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 266p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798502786
  • NDC分類 131.4
  • Cコード C3310

内容説明

解釈上の論争を惹起してきた『分析論後書』について、原典から既存の解釈案まで緻密に読解・検討し、その整合的な解釈の道筋を示すことによって、アリストテレスの知識概念を明らかにする。

目次

序論
第1部 アリストテレスの方法論(『分析論』における「分析」の意味)
第2部 アリストテレスの論証理論(必然性・自体性・普遍性―『後書』第1巻第4章‐第6章;基礎措定と定義;類と自体的属性)
第3部 アリストテレスの探究論(「名目的定義」の問題;『後書』における「意味表示」と「ある」の問題;アリストテレスの探究プログラム)
第4部 論証と探究の背景にあるもの(意味と思考;第一原理の布置―経験と知性;『後書』は誰が読むべき著作か)
結論

著者等紹介

酒井健太朗[サカイケンタロウ]
1987年長崎県生まれ。2010年宮崎大学教育文化学部地域文化課程卒業。2017年九州大学大学院人文科学府人文基礎専攻博士後期課程単位修得退学。博士(文学、九州大学)。九州大学大学院人文科学研究院助教を経て、現在、環太平洋大学次世代教育学部専任講師。専門は古代ギリシア哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。