お前の親になったる―被害者と加害者のドキュメント

個数:
電子版価格 ¥1,386
  • 電書あり

お前の親になったる―被害者と加害者のドキュメント

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月28日 13時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 200p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784796877787
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

出版社内容情報

元受刑者を雇い入れ、就労支援を行う『職親プロジェクト』に携わることになった著者・草刈健太郎には、大切な妹を殺された悲しい過去があった。社会復帰の手助けとはいえ、元受刑者を前に冷静な気持ちでいられるのか、あの地獄のような日々を思い出し、再び犯罪者への憎悪に支配されてしまうのか……。いくつもの葛藤を乗り越えて手にしたものは、殺害された妹から届いた兄の使命だった……。自身に問いかけ続けた、魂に響かせるノンフィクションルポルタージュ!

内容説明

元受刑者を雇い入れ、就労支援を行う『職親プロジェクト』に携わることになった著者には、大切な妹を殺された悲しい過去があった。社会復帰の手助けとはいえ、元受刑者を前に冷静な気持ちでいられるのか、あの地獄のような日々を思い出し、再び犯罪者への憎悪に支配されてしまうのか…。いくつもの葛藤を乗り越えて手にしたものは、殺害された妹から届いた兄の使命だった…。自身に問いかけ続けた、魂に響かせるノンフィクションルポルタージュ。

目次

プロローグ なんで俺が犯罪者の面倒見なあかんねん!
第1章 被害者家族(岸和田に生まれたやんちゃ坊主と未熟児;夢 ほか)
第2章 絶望と生きる(妹からのメッセージ;生ゴミをあさる子どもたち ほか)
第3章 職親プロジェクト(嘘をつく―ヤマモトカズキの場合;移り気―アイバユウジの場合 ほか)
エピローグ 「ありがとうね…」(加害者に全力で愛情を注ぐ理由;妹の声を聞きながら、犯罪者と生きる)

著者等紹介

草刈健太郎[クサカリケンタロウ]
1973年、大阪府岸和田市生まれ。近畿大学法学部卒業。カンサイ建装工業株式会社、日之出塗装工業株式会社、オープンブックマネジメント株式会社の代表取締役として、マンションやビル等の様々な建築物の各種改修工事、新築工事や塗装工事を手掛け、また建設業界へ施工管理者の人材派遣も行っている。企業経営以外にも、日本財団の再犯防止プロジェクト(職親プロジェクト)を立ち上げメンバーとして推進するなど、幅広く社会復帰促進就労支援を実施。刑務所や少年院からの出所者に社会参加や就職機会を提供する公益社団法人OMOIYARIプロジェクトを設立し、その代表理事として就労支援以外にも被災地支援や発展途上国支援など活躍の場は多岐にわたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

鉄之助

217
妹を殺された被害者遺族である著者が、加害者支援に関わるようになった気持ちを素直に綴った自伝ノンフィクション。「なんで俺が、犯罪者の面倒見なあかんねん!」これが、知り合いの経営者から、元・受刑者に職を斡旋する「職親プロジェクト」に誘われた時の最初のつぶやきだったという。早く辞めるために、やんちゃそうな受刑者をわざと受入れイヤイヤ始めた”職親”活動。しかし、やっているうちに、「妹が導いたんちゃうか?」と思えるようになったと言う。受刑者として収監するのと、社会復帰させた時のコストを比較する考え方が面白かった。2020/01/22

香菜子(かなこ・Kanako)

32
お前の親になったる 被害者と加害者のドキュメント。草刈健太郎先生の著書。犯罪加害者への憎悪の念にとらわれてしまっては犯罪加害者の更生にはつながらないし、社会も良くならない。罪を償った犯罪加害者を許して、犯罪加害者を支援することが大切。犯罪被害者や被害者家族が犯罪加害者を支援するのは心情的には難しいところがあるのかもしれないけれど、草刈健太郎先生のような方が増えれば社会はきっと良くなる。2020/09/26

ねお

11
家業の借金返済に追われながら米国で妹を殺された著者。加害者は責任能力を争い、無罪主張をした。民事裁判でも損害賠償を受けられず、実刑となっても当然妹は返ってこない。何も得られるものがないが多額の費用をかけ幾度となく渡米する負担等、異国の地の裁判に当事者ではなく関係者として参加することの大変さを知った。加害者の仮釈放が迫る中、本書を記したという。加害者に対する憎しみと自責の念に苛まれて生きてきた筆者が「職親プロジェクト」で知ったのは、加害者が「社会的被害者」てある実情や「心の育っていない非行少年」の存在だ。2020/11/17

尿酸値高杉晋作

5
複雑。 被害者が犯罪者更生に尽力する… なかなか出来る事じゃない。2021/07/29

148cm

0
少年院や刑務所から出てきた元受刑者の雇用、社会復帰を支援する「職親プロジェクト」に尽力する著者。 「なんで俺が犯罪者の面倒見なあかんねん」という言葉で始まるこの本は、1973年生まれ、岸和田で家業の建設業を継いだ男性、最愛の妹を殺害された過去を持つ「被害者家族」だ。 そして、2005年冬、米国で夫に殺された妹さんは奇しくも私と同い年。 生い立ちから無残な事件、壮絶な裁判、職親プロジェクトに関わることになった苦しい胸の内までが赤裸々に語られたその本は、最近読んだ本の中で圧倒的にインパクトの大きい一冊だった。2020/07/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14132767

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。