調べよう ごみと資源〈1〉くらしの中のごみ

個数:

調べよう ごみと資源〈1〉くらしの中のごみ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月19日 12時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 47p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784338311014
  • NDC分類 K518
  • Cコード C8351

内容説明

食品ロスに代表される大量廃棄社会にいつからなったか?可能な限りごみを資源化する3R中心のごみ処理、災害ごみ等の課題をさぐる。小学校中学年から。

目次

ごみって何だろう?―ごみは最後に残る使い道のないもの
ごみを分けると―産業廃棄物と一般廃棄物
ごみの量はどのくらい?―輸入・生産・消費・廃棄の量
いつごろからごみがふえたのか―高度経済成長期ころから
ごみがふえる前のくらし―60年ほど前のくらし
昔からのごみ処理―リユース、リサイクル、うめる・燃やす
ごみがふえた理由―エネルギーと消費・流通に大きな変化がおこった
むだづかいがふえた―食品ロスの一方で、食べられない人がいる
豊かになっておこったこと―公害から地球環境問題に
今のごみ処理のしくみ―衛生・公害・地球環境に配慮して
ごみの分別―家から、店から、工場から
ごみを燃やす―焼却炉で燃やす
リサイクルの目的は―集めたあとのことも考えよう
ごみをうめたてる―最終処分場を長もちさせるには
危険なごみ・有害なごみ―カッターやナイフ、スプレーかんなど
災害とごみ―大量のごみが出る
ごみのポイ捨てや不法投棄―不法投棄と不適正処理をなくすために
ごみをなくすために―自然の循環とゼロ・エミッション、エコタウン
わたしたちはどうしたらよいのか―消費者としての責任

著者等紹介

松藤敏彦[マツトウトシヒコ]
1956年北海道生まれ。北海道大学卒業。廃棄物工学・環境システム工学を専門とする。廃棄物循環学会理事(元会長)。工学博士。北海道大学教授。ごみの発生から最終処分まで、ごみ処理全体を研究している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

いつから食品ロスに代表される大量廃棄社会になったか? 可能な限りごみを資源化する3R中心のごみ処理と災害ごみ等課題をさぐる。

松藤敏彦[マツトウトシヒコ]
監修