台湾対抗文化紀行

個数:
電子版価格 ¥1,870
  • 電書あり

台湾対抗文化紀行

  • ウェブストアに24冊在庫がございます。(2022年01月26日 20時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 169p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794972866
  • NDC分類 361.5
  • Cコード C0095

出版社内容情報

2010年代の台湾には、日本の1960年代のように、人びとが「自由」を求め、自分なりの表現に取り組む熱気が渦巻いていた――。

日本の企業社会に嫌気が差し、海外放浪の旅に出た著者は、その途上で訪れた台湾に魅せられる。そして現地の人びとと交流するうちに、台湾の対抗文化やDIYシーンの取材にのめり込んでいく。

インディ音楽シーン、インディペンデント誌『秋刀魚』、オルタナティブスペース〈waiting room〉……現在進行形の台湾カルチャーを案内しながら、これからの時代の生き方や働き方を考える。ベストセラー『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』、人気マンガ連載『めぞん文豪』の共著者で、フリーランスライターとして活躍する著者の初の単著。

内容説明

2010年代の台湾には、日本の1960年代のように、人びとが「自由」を求め、自分なりの表現に取り組む熱気が渦巻いていた―。日本の企業社会に嫌気が差し、海外放浪の旅に出た著者は、その途上で訪れた台湾に魅せられる。そして現地の人びとと交流するうちに、台湾の対抗文化やDIYシーンの取材にのめり込んでいく。インディ音楽シーン、インディペンデント誌『秋刀魚』、オルタナティブスペース“waiting room”…現在進行形の台湾カルチャーを案内しながら、これからの時代の生き方や働き方を考える。ベストセラー『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』、人気マンガ連載『めぞん文豪』の共著者で、フリーランスライターとして活躍する著者の初の単著。

目次

序章 フリーライター、台湾に出会う
第1章 フリーライター、台湾に降り立つ
第2章 台湾再訪、台湾インディ音楽を知る
第3章 台湾と中国、台湾アイデンティティを巡って
第4章 台湾意識が宿るもの。街・建築・文房具
inter‐lude 台湾で出会った愛すべき人たちとのささやかな記憶の記録
第5章 インディペンデント誌『秋刀魚』がカルチャーの分断を消滅させる日
第6章 DIYからすべてが生まれる。オルタナティブスペース“waitingroom”
第7章 日本人から観た台湾、台湾人から観た日本
あとがきにかえて 就職しないで生きるには

著者等紹介

神田桂一[カンダケイイチ]
1978年、大阪生まれ。フリーライター・編集者。一般企業に勤めたのち、写真週刊誌『FLASH』の記者に。その後『マンスリーよしもとプラス』編集を経て、海外放浪の旅へ。帰国後『ニコニコニュース』編集記者として活動し、のちにフリーランスとなる。雑誌は『ポパイ』『ケトル』『スペクテイター』などカルチャー誌を中心に執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さくは

2
台湾カルチャー紀行。インディ音楽、若者の政治意識、日本と台湾のカルチャーを特集する雑誌『秋刀魚』など。「台湾では、サブカルチャーのことを次文化、次に来るカルチャーという」「日本は「衣食住」に対して台湾は「衣食住と“行”」がある」「“行”っていうのは移動とか交通とかの意味。これが生活の四原則として入っている」「移動とか交通は、いわゆる“変化”の意味」「日本人から見た台湾。それは同時に台湾人から見た日本を意識することでもある。その「ズレ」を認識することで、僕らは相互理解を深めていけるのではないだろうか」。2022/01/11

たまご

1
なぜかずっと台湾にここ最近行きたくて、本屋でぱらぱらと見た文体にも惹かれて手にとっていた。表紙のデザインも好き。 日本も本当のアジア文化圏に入る日は、いつくるんだろうね。 一つの国や場所に外から何度も通って色んな角度から見てみるって体験は面白そうだな。住むのとはまた違うだろうから。 でも旅も好きだけど、わたしは今は、住みたいな。異国に。なぜだろ?通うのはライフスタイル的にも現実的ではないし、住むことでしか見えない世界の方に興味があるのかもしれない。2021/12/07

をとめ

0
電子2021/12/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18995213

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。