大陸へ渡った初年兵の記録

個数:

大陸へ渡った初年兵の記録

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 330p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434155956
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

昭和二十年二月下旬、十九歳の国鉄マン上坂豊氏は中部第四十二部隊に入隊。三月中旬、下関から中国大陸に渡り、山西省・〓安(ろあん)(長治)の部隊に所属する。終戦後、八路軍との戦闘などを経て昭和二十一年五月に復員。その間の兵隊としての心情、生活、現地の風俗などを、驚異的な記憶力で描いた異色の従軍記。

目次

出征
内務班へ
訓練の日々
隊内での生活
行軍
終戦
泌県
南団柏へ
南構分遣
再び南団柏
引き揚げ
出航
戦中・戦後の記録

著者紹介

上坂豊[コウサカユタカ]
大正14(1925)年、大連生まれ。高等小学校卒業後国鉄に入るが、19歳で応召。戦後は津に移り住み、二度の大病を乗り越え国鉄マンとして勤め上げる。平成21(2009)年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)