あなたもインフルエンサー?―それでは稼げないよ

個数:

あなたもインフルエンサー?―それでは稼げないよ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月19日 19時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 228p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794811554
  • NDC分類 944
  • Cコード C0036

内容説明

本書の正編『大事なことがはっきりするささやかな瞬間』が出版されたのは2019年春である。原書は、ドイツ人コラムニストであるミハエル・ナストが発表したものが一冊にまとめられており、サーバーがパンクするほどの閲覧数を記録した文章が四つの章に分けられている。正編にはその内の2章を収めた。そして続編となる本書には、残りの2章が収められている。正編では、男女関係をテーマとした話が多かったが、続編では「仕事」や「社会」をテーマにしたものが多い。

目次

1 天命たる仕事(関係づくりが苦手な世代;みんなの期待にこたえられなかったらゴメン―でも、自分の期待のほうが僕には大事;坊や、それでは稼げないよ―さあ、ベルリンへ!;自分の変化を味わおう;こんなプロジェクトをやっているんだ ほか)
2 自己最善化という名前の信仰(避妊の傾向;世界をよくしていくことを忘れるな;僕と僕のお面;友人のなかで独り;たぶん、明日にしたほうがいいのかも ほか)

著者等紹介

ナスト,ミハエル[ナスト,ミハエル] [Nast,Michael]
1975年東ベルリン生まれ。書店に勤めるが、本を読むのが苦になり半年で辞める。その後、広告代理店などに勤める。2007年からブログを書きはじめ、MySpaceで公表した「大都市コラム」がヒットした。2008年にコラム集『ベルリン学校』集をオーディオブックで発売。2009年に初書籍『ベターなベルリン人』、2014年に『これは愛?それともなくてもよいもの?』を出版。彼の文章は、フランスの教材にも使われている。現在も定期的にコラムを発表

小山千早[コヤマチハヤ]
1963年、三重県志摩市生まれ。日本大学短期大学部国文科卒業。1989年、結婚を機に渡瑞。1994年にゲーテ・インスティトゥートの小ディプロム(Kleines Sprachdiplom)を取得し、翻訳活動を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒデミン@もも

34
ドイツの現状がわかってなかった。不安になることが多い。大丈夫かドイツ。2020/10/02

くさてる

13
題名からして、最近のSNS流行の世間に関する解説本だと思ったら、まったく違って驚いた。ベルリンに暮らすブロガーで作家のコラムでした。なのでローカルな感覚の話題も多いけれど、40代の目から見たいまの世相に対する違和感や疑問、そして自分の生き方や人間との関係についてなどの率直な文章は面白かったです。2020/09/12

あたぱ

1
現在の30、40代のロスジェネ世代が抱える問題(人間関係・恋愛・結婚・キャリアをめぐる悩みやとまどい)を綴っていくのだが、その語り口はざっくばらんでユーモアたっぷりだ。しかも観察眼が鋭い。日本にも結構いるかも(ジェーン・スーさんとか)ドイツ人版。面白くて読みやすい。「見ているほうが気恥ずかしくなるテレビ番組は中毒になる。」 「一国の精神はどこに現れるか」、「識字障害国民」、「セラピストなしてはやっていけない。」などは、知的で鋭い視点を感じ、うなずきながら読んだ。 2020/09/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16128167

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。