シリーズ・ワークショップで学ぶ<br> 読書家の時間―自立した読み手を育てる教え方・学び方 実践編

個数:
  • ポイントキャンペーン

シリーズ・ワークショップで学ぶ
読書家の時間―自立した読み手を育てる教え方・学び方 実践編

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2020年08月13日 15時41分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 247p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784794809698
  • NDC分類 375.85
  • Cコード C0037

内容説明

本を読むことは、エンターテインメント。必ず、子どもへの評価が変わる。「学習指導要領(読むこと)」と「読書家の時間」を表にて比較。

目次

第1章 最初の10時間
第2章 読書環境をつくろう―読書家の時間をサポートする環境づくり
第3章 ミニ・レッスン―教師が全員にしっかり教える時間
第4章 カンファランス
第5章 共有の時間
第6章 ガイド読み
第7章 友達同士で読む
第8章 評価
第9章 年間計画
第10章 教師の変容

出版社内容情報

本書は、2009年に刊行した『リーディング・ワークショップ 「読む」ことが好きになる教え方・学び方』の、日本の教室における実践編です。私たちはこの教室の時間を「読書家の時間」と呼んでいます。
 過去五年間、「読書家の時間」を実践するなかで、読むことが好きになり、読書家として目覚ましい成長を遂げた子どもたちの姿を数多く目にしてきました。それは、この時間が設けられている教室では、手を伸ばせば届くところに本があり、本を読むことと本について語ることが文化となっているからです。
 子どもたちは、「読むこと」とは、「一人で行う」だけでなく、友達と共有できる楽しみでもあることを、ペア読書やブッククラブなどを通して日々体験しています。そのなかで教師は、子どもたちの成長に軸足を合わせながらいろいろな読み方を教え、一人ひとりの子どもの様子をよく観察し、それぞれの選書や本への取り組み方に必要な支援を行っています。そして、教科書よりはるかに広い本の世界で子どもたちの可能性を拓いていきます。
 このような授業は、国語の教科書を「こなす」だけでは実現できません。読む力は、実際に多様な本をたくさん読むこと抜きには身につかないからです。さらに、授業で学んだことが日常の読書生活に生かせるように、学んだことをふり返る機会も大切にする必要があります。本書ではこのように、子どもたちが読むことを好きになり、読むことが習慣になるような教え方・学び方を、実践を踏まえて紹介しています。
本書は、「書くこと」に焦点をあてた『ライティング・ワークショップ』、そしてその実践編である『作家の時間』(いずれも既刊)の「読むこと版」でもあり、読み・書きのつながりを大切にすることによる相乗効果が期待できます。私たちの教室では、子どもたちは作家として、また読書家として本に取り組むことが大好きです。(編著者)

【著者紹介】
極めて効果的な学び方・教え方として、欧米で主流になりつつある「ワークショップ」の手法を、日本の実情に合った形で実践し、その手法を各教科領域で普及させることを目的に活動している有志チーム。