抵抗する動物たち―グローバル資本主義時代の種を超えた連帯

個数:

抵抗する動物たち―グローバル資本主義時代の種を超えた連帯

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2024年06月23日 01時10分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 352p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791775354
  • NDC分類 481.78
  • Cコード C0010

出版社内容情報

動物たちの〈声〉を聞く
なぜ動物たちは人間に抵抗するのか、いかに抵抗するのか、何のために抵抗するのか――これらの問いを分析することで、動物たちの抵抗を政治的・社会的文脈に位置付け、その背景にある構造的不正を明るみに出す。自由を求め人間社会の既成秩序を揺さぶる行為主体としての動物たちの声を聞く、ポスト・ヒューマン時代の動物論。

内容説明

動物たちの“声”を聞く。なぜ動物たちは人間に抵抗するのか、いかに抵抗するのか、何のために抵抗するのか。―これらの問いを分析することで、動物たちの抵抗を政治的・社会的文脈に位置付け、その背景にある構造的不正を明るみに出す。自由を求め人間社会の既成秩序を揺さぶる行為主体としての動物たちの声を聞く、ポスト・ヒューマン時代の動物論。

目次

第1部 なぜ動物たちは抵抗するのか(動物の抵抗を想像する;動物抑圧の社会条件;動物たちの抵抗理由)
第2部 いかに動物たちは抵抗するのか(動物たちの社会的・政治的行為者性;動物の抵抗方法;野生の中へ)
第3部 何(の始まり)を求めて動物たちは抵抗するのか(動物の抵抗に対する人々の反応;サンクチュアリ;成果と多種連帯)
結論

著者等紹介

コリング,サラット[コリング,サラット] [Colling,Sarat]
執筆家。動物の抵抗を主題とした論文「国境なき動物たち―ニューヨークにおける被畜産動物の抵抗(Animals without Borders:Farmed Animal Resistance in New York)」で批判的社会学の修士号を取得した後、カナダ・ブリティッシュコロンビア州のホーンビーアイランド自然史センターでプログラム・ディレクターを務める。15年以上にわたり様々なビーガン団体のボランティア業務に携わるかたわら、批判的動物研究の論集に寄稿を行なう

井上太一[イノウエタイチ]
翻訳家・執筆家。人間中心主義を超えた倫理の発展ならびにビーガニズムの普及をめざし、関連書籍の翻訳と執筆活動に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。