生き生き働く、活き活き生きる8つのステップ―ウェルビーイング手法のワーク&トレーニング

個数:

生き生き働く、活き活き生きる8つのステップ―ウェルビーイング手法のワーク&トレーニング

  • ウェブストアに35冊在庫がございます。(2020年12月02日 01時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 107p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784791110643
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C0011

内容説明

働き方改革のなかで、幸せに健康的に働いて人生を豊かに生きるために―精神科医が、長年の臨床経験と最近のポジティブサイコロジーの実証結果をもとに、「簡単な手法で働く人々の心を元気にするステップ」をわかりやすく図解!社内外の研修やトレーニングのテキストブックとして。セルフケアのためのワークブックとして。

目次

実践編 今からトレーニングを始めよう(ウェルビーイング視点とは?;ワクワク会話を身につけよう;自分の強みに気づいて伸ばす;一所懸命になる;感謝と親切;目標と価値観を明確にする;自己評価をして、自分を好きになる;人との絆からコミュニケーションを拡大)
コーディネーター編 企業内で行われる研修セミナーを開催するためのコツ(参加者の心に響く方法とは?;本書を利用してセミナーの幅を広げよう;進行方法の例)
付録:ウェルビーイングワーク表

著者等紹介

須賀英道[スガヒデミチ]
龍谷大学短期大学部教授。日本ポジティブサイコロジー医学会理事。日本認知療法・認知行動療法幹事。1984年宮崎医科大学医学部卒業。京都大学医学部精神医学講座講師、2008年龍谷大学保健管理センター教授を経て、2017年から現職。2007年日本うつ病学会第2回学会奨励賞。専門は、ポジティブ心理学に基づくメンタルヘルス教育、ポジティブ心理学による精神療法、非定型精神病の診断と精神病理。現在は、ポジティブ精神医学理論に基づいた健康学習セミナーを一般向けに各地で開催し、地域コミュニケーションによるウェルビーイングの向上を説いている

齊藤朋恵[サイトウトモエ]
臨床心理士。博士前期課程修了。須賀医師よりポジティブ精神医学理論の基礎と実践を教わる。精神科クリニック、大手自動車メーカーに心理士として勤務している。医療機関、法人・企業にてポジティブ精神医学理論をベースにした研修を実施している(マインドフルネス療法・怒りの対処法など)。本書ではイラストも担当している。現在までに国際学会や各学会で日頃の研究を発表し、臨床家として研鑽を積んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。