「ポリヴェーガル理論」を読む―からだ・こころ・社会

個数:

「ポリヴェーガル理論」を読む―からだ・こころ・社会

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2021年10月23日 00時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 636p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784791110131
  • NDC分類 491.37
  • Cコード C3011

内容説明

「ストレスの時代」から「トラウマの時代」へ―。いま世界的に話題のポリヴェーガル理論を、深く広い視野から、わかりやすく面白く読み解いた本邦初の本格的な解説書!!心身の相関にとどまらず、からだ・こころ・社会のダイナミックな連関を呈示し、新たな臨床的アプローチへの途を切り拓く。

目次

理論の誕生まで
「ポリヴェーガル」の発見
脳神経・副交感神経と迷走神経
鰓弓神経と「腹側迷走神経複合体」
自律神経系の3段階論
ニューロセプション
「背側迷走神経複合体」の社会化:「恐怖なき不動化」―オキシトシン・マジック
「あそび」の社会性―腹側迷走神経複合体と交感神経系のブレンド
「拡大ポリヴェーガル理論」へ
「ポリヴェーガル理論」の射程(1)意識/無意識問題
「ポリヴェーガル理論」の射程(2)トップダウン/ボトムアップ問題
「ポリヴェーガル理論」の射程(3)皮質ブラックボックス問題
小結―「社会神経系」と「社会脳」

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひろか

9
とりあえず流し読み。著者は何者だろうと思うほど、多知識。細かな脳機能はよくわからないが、心と体の双方向性だけはわかる。臨床にいかすときのイメージづくりをしなくちゃ。2019/06/09

木麻黄

8
津田先生、あなたは一体何者なのでしょうか…。という独り言が、冒頭から読了まで消えることがありませんでした。単なる解説にとどまらず、ポ理論と社会脳研究の断層を抉り出す考察は、オリジナルに対する鋭い批判にもなっていて、どれだけ読み込めばこれだけの提言がなしうるのか、浅学非才の者にとっては、文字通りため息しか出ない有様でした。難解は難解なのですが、その惹きつける筆致にも導かれて何とか読み通せました。本文533頁も、脚注とコラムを合わせれば実質千頁ほどの大著ではないかと思います。不動のベストワンになった本でした。2020/02/15

azu3

1
かなりの力作。手元に置き、マーカーをつけながら再度じっくり読みたい。神経学独特の呼び名もイチから解説してくれるなど、初心者にも優しい。お勧め。2021/08/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13725219

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。