START―「心配な転帰」のリスクと治療反応性の短期アセスメント

個数:

START―「心配な転帰」のリスクと治療反応性の短期アセスメント

  • ウェブストアに13冊在庫がございます。(2018年10月18日 08時28分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 188p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784791109890
  • NDC分類 493.72
  • Cコード C3011

内容説明

STARTは、精神障害をもつ人の「心配な転帰(暴力、自傷、自殺etc.)」のリスクを、脆弱性とストレングスの両面から評価し、リカバリー支援計画を立てるためのツールである。

目次

1 START包括マニュアル序説
2 特定のリスク領域
3 評価方法の実際
4 START項目の説明とスコアリングのポイント
5 現場への導入
6 臨床例
7 START研究の概要
8 概念的事項
9 次のステップ
附録

著者等紹介

菊池安希子[キクチアキコ]
国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所地域・司法精神医療研究部室長。博士(保健学)、臨床心理士、精神保健福祉士。1995年、東京大学大学院医学系研究科保健学専攻博士課程単位取得済み退学後、明治学院大学非常勤講師、国立精神・神経センター精神保健研究所流動研究員、東京大学保健センター助手を経て、2004年より国立精神・神経センター精神保健研究所司法精神医学研究部室長、組織改編により2018年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

STARTは,精神障害をもつ人の,暴力,自傷,自殺,物質乱用,セルフネグレクト等のリスクについてのアセスメント・ツール。START(スタート)= Short-Term Assessment of Risk and Treatability
STARTは,精神障害をもつ人の「心配な転帰(暴力,自傷,自殺,物質乱用,無断退去,セルフネグレクトなど)」のリスクを,脆弱性とストレングスの両面から評価し,リカバリー支援計画を立てるためのツールである。

クリストファー・D・ウェブスター[クリストファーディーウェブスター]
著・文・その他

マリールー・マーティン[マリールーマーティン]
著・文・その他

ヨハン・ブリンク[ヨハンブリンク]
著・文・その他

トニア・L・ニコルス[トニアエルニコルス]
著・文・その他

サラ・L・デズマレ[サラエルデズマレ]
著・文・その他

菊池 安希子[キクチ アキコ]
監修/翻訳

河野 稔明[コウノ トシアキ]
翻訳

相田 早織[アイダ サオリ]
翻訳

岡野 茉莉子[オカノ マリコ]
翻訳

橋本 理恵子[ハシモト リエコ]
翻訳