認知療法全技法ガイド―対話とツールによる臨床実践のために

個数:

認知療法全技法ガイド―対話とツールによる臨床実践のために

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月06日 13時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 595p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784791106097
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C0011

内容説明

「あるときある患者に試した技法が効果的でなければ、別の10の技法がその患者に役立つかもしれないということを、我々は常に検討すべきである―」。伝統的なものから最新の知見に基づくものまで、本書で紹介される認知療法の数々の技法は、治療場面ですぐに役立つアイディアにあふれ、治療者のレパートリーを格段に増やしてくれる。すでに認知療法を実践している治療者、興味をもつ治療者、そしてまた当事者にとっても、楽しくかつ有用な書物である。

目次

思考と思い込みを同定する
思考を検討し、それに挑戦する
思い込みとルールを検討する
心配を検討する
情報処理と論理におけるエラー
全体像を見渡す
スキーマに焦点を当てた治療
感情を処理するための技法
認知的歪曲を検討し、それに挑戦する
承認されることへの欲求を修正する
自己批判に挑戦する
結語

著者等紹介

リーヒイ,ロバート・L.[リーヒイ,ロバートL.][Leahy,Robert L.]
国際認知療法学会の会長であり、ニューヨークにある米国認知療法研究所の創始者および所長である。またコーネル大学医学部精神科の臨床助教授を務め、認知療法ジャーナルの前編集長でもある

伊藤絵美[イトウエミ]
慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程修了。社会学博士、臨床心理士、精神保健福祉士。現在、洗足ストレスコーピング・サポートオフィス所長

佐藤美奈子[サトウミナコ]
名古屋大学文学部文学科卒業。翻訳家。英語の学習参考書、問題集を多数執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。