みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症

個数:

みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 382p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784791105618
  • NDC分類 378.6
  • Cコード C0047

内容説明

アスペルガー症候群、高機能自閉症とはどのような障害なのでしょうか。本書はまずその最新の診断方法や、原因、治療法について非常にわかりやすく解説している。そして幼児期から青年期に至るまでの子どもたちを、親や教育・治療関係者がいかに支援できるかについて、家庭や学校、社会生活という生活レベルの視点から実践的なヒントを数多く提供してくれる。これまでになく包括的で実践的、かつわかりやすい一冊。

目次

1 アスペルガー症候群と高機能自閉症を理解する(アスペルガー症候群と高機能自閉症とは?;診断の流れ;自閉症スペクトラム障害の原因;アスペルガー症候群と高機能自閉症の治療法)
2 アスペルガー症候群、高機能自閉症とうまく付き合っていく(お子さんの長所を活かす:指導原則;家庭でのアスペルガー症候群と高機能自閉症;学校におけるアスペルガー症候群と高機能自閉症;アスペルガー症候群や高機能自閉症のある子どもたち、少年少女たちの社会的世界;将来について考える―青年期後期と成人期におけるアスペルガー症候群と高機能自閉症)

著者等紹介

オゾノフ,サリー[オゾノフ,サリー][Ozonoff,Sally]
カリフォルニア大学にあるM.I.N.D.協会の自閉症スペクトラム障害センター准教授という役職についており、自閉症スペクトラム、とくにアスペルガー症候群と高機能自閉症の治療と教育に関する優れた研究者として知られている

ドーソン,ジェラルディン[ドーソン,ジェラルディン][Dawson,Geraldine]
ワシントン大学の臨床心理学教授で、大学に併設した自閉症センターの創立時からの指導者

マックパートランド,ジェームズ[マックパートランド,ジェームズ][McPartland,James]
ワシントン大学の児童臨床心理学の博士課程にいる

田中康雄[タナカヤスオ]
1958年栃木県生まれ。1983年独協医科大学医学部卒業後、旭川医科大学附属病院精神科神経科・外来医長などを経て。1992年北海道立緑ヶ丘病院医長。2002年国立精神・神経センター精神保健研究所児童・思春期精神保健部児童期精神保健研究室長。2004年北海道大学大学院教育学研究科教育臨床講座教授。児童精神科医、臨床心理士。専門は、児童思春期地域精神医学。現在、大学の業務に加えて、医療福祉教育の地域連携に奔走している

佐藤美奈子[サトウミナコ]
1969年愛知県生まれ。1992年名古屋大学文学部文学科卒業。翻訳家。英語の学習参考書、問題集を執筆
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

兎路ポコ茶

0
アスペルガー症候群・高機能自閉症の症状の事例だけでなく、学術的な研究や治療の報告が数多く取り上げられていて勉強になった。原題にA Parent's Guide...とある通り、基本的にはアスペルガー症候群・高機能自閉症の子供を持つ親を対象に書かれている。アスペルガー症候群・高機能自閉症の子供と上手く付き合い、育成していくためのヒントも豊富に書かれているが、アメリカ社会での育成をベースに考えられている点には注意が必要だと思う。2009/06/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/186808

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。