Sekaishiso seminar
現代生殖医療―社会科学からのアプローチ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 274p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784790711315
  • NDC分類 491.35
  • Cコード C1336

内容説明

「試験管ベビー」の誕生から四半世紀。先端的な生殖医療がもたらす諸問題を俯瞰し、医学・法学・社会学・人類学・ジェンダー研究など、学際的・超領域的な視点から再検討する。

目次

第1部 生殖医療を考える視点(「生殖革命」の進展;生殖医療に対する法的対応;ジェンダーフレイムから見た新生殖技術;生殖の家族からの分離 ほか)
第2部 生殖医療への取り組み(生殖補助医療に関する議論から見る「日本」;イタリアの生殖医療の法制化にみる「生‐権力」;軍事技術としての生殖―イスラエルにおける妊娠と出産のレトリック;韓国における生殖技術への対応 ほか)

著者等紹介

上杉富之[ウエスギトミユキ]
1956年生まれ。東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程修了。博士(社会人類学)。成城大学文芸学部・大学院文学研究科教授。社会人類学専攻
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かなで

1
卒論に関係するかなーと思い読了。さらっと読んでしまったのであまり深くは考えていないが、生殖医療の発達は社会をよくするのかわからないなーーと。生殖医療だけが進んで、社会の制度が変わらないと、あまりいい方向には進んでいかないように思う。/35冊目2020/11/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/117894

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。