キリスト教とは何か〈9〉混迷の闇を越えて

個数:

キリスト教とは何か〈9〉混迷の闇を越えて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月23日 20時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 204p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784789607896
  • NDC分類 198.24
  • Cコード C0016

内容説明

混迷する競争社会の中で、心が砕け、人間関係がもつれ、悪霊が働いて熾烈な内戦が続き、毎日、四十代、五十代の男性が死んでいく―。こういう人たちにどのような態度をとったらいいのか。

目次

第1章 ひびき合うもの―時と心の間に
第2章 新世紀を前にして―見えてきた前進方向
第3章 混迷の闇を越えて―年頭所感
第4章 聖母マリア―日本の混迷を照らす光
第5章 視界ゼロの発進と前進の支え―時と自由の流れの中で
第6章 聖なる教会と罪人の教会―ヨハネ・パウロ二世の「謝罪宣言」をめぐって
第7章 天と地と教会と―光と闇の交わりの流れの中に

著者紹介

粕谷甲一[カスヤコウイチ]
1923年インド、コルカタ市に生まれる。1944年受洗。1950年東京カトリック神学院入学。1951年オーストリアインスブルックに留学。1957年スイスバールにて叙階。1959年帰国。浅草教会、アリの町教会で司牧。1961年真生会館館長、カトリック学生連盟指導司祭。1967~1982年青年海外協力隊勤務。1995年~NPO法人「芝の会」理事長。2011年2月9日帰天(87歳)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)