事典 昭和戦前期の日本―制度と実態

個数:

事典 昭和戦前期の日本―制度と実態

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年09月16日 21時23分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 425,/高さ 24X17cm
  • 商品コード 9784642036191
  • NDC分類 210.7
  • Cコード C3521

出版社内容情報

平成と変わり、昭和戦前期は更に遠い存在になりつつある。
当時を過ごした人には身近な存在だった制度・組織も
除々に過去のものとして忘れ去られていく。
本書は昭和戦前期の日本の統治組織・議会制度・法制・軍事・行政機構などの
実態を分かりやすく体系的に記述し、当時の政治・社会を理解する上での基礎知識を提供する。
近現代史の研究者はもちろん、マスコミ関係者・作家や
近現代の歴史・経済・政治・法体系などに興味を持つ人々にも必備のハンドブック。

凡 例(抄)

*対象項目
本書では国で定めた諸制度と運用実態、政治経済に影響を与えた国家制度以外も一部取り上げた。
*対象期間
昭和元年から20年までと必要に応じて明治大正及び昭和20年以降についても言及した。
*注 釈
出典を明らかにするため、また説明を補充するため詳細な注釈をつけた。出典は初出のみ所蔵者、著者、執筆者、発行年・発行所を記し、再出以下は資料名、書名、論文名のみとした。参考文献は執筆に際し著者が参考にしたものであるが、読者の参考のために記載したものもある。
*元 号
明治・大正・昭和を使用し、西暦への換算はあえて付記しなかった。
*用 語
当時の用語はなるべくそのまま用いた。法令・史料の引用、固有名詞はそのままとした。

目 次(抄)

第1章=日本
第2章=統治組織
第3章=法制
第4章=行政
第5章=政党政派・財閥
第6章=皇室
第7章=軍隊制度
第8章=教育制度
第9章=植民地統治


監修者・著者略歴

伊藤 隆(いとう・たかし)
昭和7年生/現在、政策研究大学院大学教授、東京大学名誉教授
主要著書=『昭和初期政治史研究』(東京大学出版会)『近代日本の人物と史料』(青史出版)

百瀬 孝(ももせ・たかし)
昭和13年生/現在、仙台大学教授
主要著書=『事典昭和戦後期の日本』(吉川弘文館)『日本福祉制度史』(ミネルヴァ書房)

内容説明

本書は昭和戦前期日本の統治組織・議会制度・法制・軍事、行政機構などの実態を分りやすく体系的に記述し、当時の政治・社会を理解する上での基礎知識を提供する。近現代史研究者はもちろん、マスコミ関係者、読書人にも必備。

目次

第1章 日本
第2章 統治組織
第3章 法制
第4章 行政
第5章 政党政派・財閥
第6章 皇室
第7章 軍隊制度
第8章 教育制度
第9章 植民地統治