世界のなかの“ポスト3.11”―ヨーロッパと日本の対話

個数:
  • ポイントキャンペーン

世界のなかの“ポスト3.11”―ヨーロッパと日本の対話

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年03月23日 05時20分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 335p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784788516205
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C1010

内容説明

東日本大震災と原発事故は、それまで誰も経験したことのない世界史的な出来事だった。それは歴史や文明に対して私たちに問いなおしを迫った。にもかかわらず“3.11”以後、日本社会は“ポスト・フクシマ・ナショナリズム”状況に陥り、閉塞に向かっている。“ポスト3.11”の問題性をいま、トランスナショナルな視点からとらえなおす。

目次

3・11と日本の「文化」
第1部 “ポスト3・11”と精神世界(死者と神の行方―文明史のなかでみる“ポスト3・11”;津波に呑まれて―否認とナルシシズムの日本社会)
第2部 労働の場とマイノリティー(苦境にある労働者―労働組合と原発下請労働者;震災と外国人マイノリティー―阪神淡路大震災と東日本大震災を比較して ほか)
第3部 表象の可能性と不可能性(生者と生きる―“ポスト3・11”の死者論言説;ジャンルとしての「震災後文学」と表象の限界 ほか)
第4部 アートとデジタル空間(遊び、祈り、売る―村上隆の“仏教アート”と“ポスト3・11”の文脈;交換様式からみたデジタル空間の支配構造)

著者等紹介

坪井秀人[ツボイヒデト]
国際日本文化研究センター教授。専門は日本近代文学・文化史

リヒター,シュテフィ[リヒター,シュテフィ] [Richter,Steffi]
ライプツィヒ大学東アジア研究所日本学科主任教授

ロート,マーティン[ロート,マーティン] [Roth,Martin]
ライプツィヒ大学東アジア研究所日本学科准教授。専門は日本研究、メディア研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。