講談社学術文庫<br> 地図から読む歴史

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

講談社学術文庫
地図から読む歴史

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月22日 00時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 292p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062921084
  • NDC分類 291.018
  • Cコード C0125

出版社内容情報

地図こそ歴史を知る一級資料である。地形や地名、道路や遺跡の位置関係から過去の景観と人々の営みを復元する、歴史地理学への入門。過去の景観の残片は、さまざまな形で地図に姿を留めている。地名や地形、道路、寺社などの位置関係と実地の検分から、そこに生きた人々の「地表経営」とその意図を解明する<歴史地理学>の楽しみ。聖武天皇の都・恭仁京の全貌、信長の城地選定基準、江戸建設と富士山の関係など、通常の歴史学ではアプローチできない日本史の側面に新たな光をあてる。

序章 地図と地名に残された先人のシグナル
第1章 聖武天皇の都作り
第2章 平安京計画と四神の配置
第3章 古代地方行政の中心地、国府
第4章 古代の大道は直線であった
第5章 条里
第6章 荘園の範囲を確定する手順
第7章 織田信長の城地選定構想を読む
第8章 天下の大道と隠れ道の並走
第9章 豊臣秀吉の「首都」作り 1
第10章 豊臣秀吉の「首都」作り 2
第11章 徳川家康の江戸選地理由
第12章 「野」とは何か
第13章 溜池分布の謎を解く
第14章 新しい地名解釈から見えるもの
第15章 耳納山・伊吹山・浅間山
第16章 小字「心蓮寺」が発信した情報
第17章 都市内道路名称の意味を解く


足利 健亮[アシカガ ケンリヨウ]
著・文・その他

内容説明

過去の景観の残片は、さまざまな形で地図に姿を留めている。地名や地形、道路、寺社などの位置関係と実地の検分から、そこに生きた人々の「地表経営」とその意図を解明する“歴史地理学”の楽しみ。聖武天皇の都・恭仁京の全貌、信長の域地選定基準、江戸建設と富士山の関係など、通常の歴史学ではアプローチできない日本史の側面に新たな光をあてる。

目次

地図と地名に残された先人のシグナル
1 古代・中世編(聖武天皇の都作り;平安京計画と四神の配置;古代地方行政の中心地、国府―その平面構成はどこまで分かってきたか;古代の大道は直線であった;条里―地を測り地を掌握するシステム;荘園の範囲を確定する手順―美濃国大井荘域が分かるまで)
2 近世編(織田信長の城地選定構想を読む;天下の大道と隠れ道の並走―古山陰道と唐櫃越を舞台にした二つの物語;豊臣秀吉の「首都」作り1―聚楽第プラン;豊臣秀吉の「首都」作り2―伏見城プラン;徳川家康の江戸選地理由)
3 地名編(「野」とは何か―その地形と歴史的意味;溜池分布の謎を解く;新しい地名解釈から見えるもの;耳納山・伊吹山・浅間山―その山名由来を考える;小字「心蓮寺」が発信した情報―姿を見せた山田寺;都市内道路名称の意味を解く)

著者等紹介

足利健亮[アシカガケンリョウ]
1936年北海道生まれ。京都大学大学院文学研究科修士課程修了。京都大学教授。文学博士。京都府埋蔵文化財調査研究センター理事、人文地理学会会長などを歴任。1999年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

キック

66
歴史地理学とは過去の様々な時点の地表の様子を明らかにする研究で、タモリさんの名言「地形は変えられない。変えても土地が覚えている」を学問に昇華したもの。本書は17のケーススタディで、その醍醐味を味わえます。中には退屈な章もありましたが、全体として、大変面白い本でした。中でも、近世編は面白かったです。信長の城地選定理由、光秀の本能寺急襲コース、秀吉の首都(聚楽第と伏見)作り、家康の江戸の街作りのポイント等、どれも興味深く、地名や地形には、文献資料では見えないものが潜んでいることが良く分かりました。2020/10/16

ponpon

23
地図から、かつての都市・道路の状況、地名について考察する。テーマは多岐にわたるが、平安京造成の都市計画と信長と秀吉の街造りは興味深かった。特に秀吉による伏見の街造りは解りやすい地図とともに、社会経済的視点からの解説はすばらしい。これに対し家康の江戸開府の分析は少々雑すぎるような…。過去の推察にあたっては地名が重要な要素となっているが、全国的に古来の地名を捨て去っている。地名は大事にしなければならないのだろう。様々な興味を掻き立ててくれる一冊です。2018/06/15

月をみるもの

11
そのまんまのタイトルだけど、ブラタモリを三年分まとめてみたような濃密さ。いつも思うんだけど、学校で地理と歴史を別々に習うのはダメな戦略。市町村統合などで、古い地名を捨るとことは、自分たちの歴史を捨てることだという認識を子供の頃に植えつけないと。。。2017/04/21

CTC

10
12年講談社学術文庫。単行本は98年NHK出版。著者は京大の歴史地理学の教授(故人)。地図や地名或いは地形から、歴史や景観(地表の様子)がどのように、何故作られたか、その「意図まで読み解く」事を試みたもの。歴史地理学という学際的分野が、如何程のものなのか(ちなみに著書は文学博士)、が判らないので何とも言えないが、本書は著書の主観で推理を重ねている部分がかなりある。本書の内容は殆どが関西圏の地理を題材にしており、山の形にせよ、土地の名前にせよピンと来ず、私にはこの著書の主観に乗っていいのかが判らず…。2017/06/22

hide

9
地理という空間軸の史料である地名・地形から、時間軸である歴史を紐解く「歴史地理学」の本だが……、テーマが多岐にわたり過ぎるのと馴染みのない関西が中心なので大変読みにくかった。実史料が少ない分野なので仕方がない部分はあるとはいえ、著者の主観が全面に出ていて辟易してくる。 溜池の分布と地形を照らし合わせて、雨量よりも取水の安定が分布を決めるという章は筋が立っており、面白かった。現代に残る条里制の地名、安土城の立地目的、伏見城築城時の河川改造など興味深いテーマも多いので、目次から拾い読みがおすすめ。2021/04/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4722502

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。