Revisiting the Classic Studies<br> 発達心理学・再入門―ブレークスルーを生んだ14の研究

個数:

Revisiting the Classic Studies
発達心理学・再入門―ブレークスルーを生んだ14の研究

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月01日 15時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 292p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784788515215
  • NDC分類 143
  • Cコード C1011

出版社内容情報



アラン・M・スレーター[アラン エム スレーター]

ポール・C・クイン[ポール シー クイン]

加藤 弘通[カトウ ヒロミチ]

川田 学[カワタ マナブ]

伊藤 崇[イトウ タカシ]

内容説明

発達心理学の形成に貢献し、今も論文やテキストに引用され続けている重要研究は、どのように登場し、批判され、乗り越えられようとしているのか。私たちの認識を、どのように深め、広げたのか。誰もが立ち戻って学ぶべき鍵となる研究を精選、その分野の第一人者が現在の理論的・実証的な見地から解説した新感覚の発達心理学・再入門。

目次

アタッチメントと早期の社会的剥奪―ハーロウのサルの研究再訪
条件づけられた情動反応―ワトソンとレイナーの「アルバート坊や実験」を越えて
崖っぷちの乳児―視覚的断崖を超えて
ピアジェ再訪―子どもの問題解決能力の研究からの一展望
乳児期における模倣―メルツォフとムーア(1977)の研究再訪
乳児期における対象の永続性―ベイラージョンの跳ね橋実験再訪
子どもの目撃記憶と被暗示性―セシとブルックのレビュー(1993)再訪
IQはどれほど上げることができるのか?―ジェンセン(1969)の問いと答えへの最新の展望
読みとつづり―ブラッドリーとブライアントの研究再訪
心の理論と自閉症―バロン=コーエンたちのサリーとアン課題を超えて
道徳性の発達―コールバーグの段階再訪
攻撃性―バンデューラのボボ人形研究を超えて
言語発達―エイマスたちによる/ba/と/pa/の弁別研究再訪
子どもにおけるレジリエンス―ラターの名著とその後の発展

著者等紹介

加藤弘通[カトウヒロミチ]
中央大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(心理学)。現在、北海道大学大学院教育学研究院准教授。主要な研究領域は、思春期の発達と問題

川田学[カワタマナブ]
東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。博士(心理学)。現在、北海道大学大学院教育学研究院准教授。主要な研究領域は、発達心理学、保育・幼児教育

伊藤崇[イトウタカシ]
筑波大学大学院心理学研究科単位取得後退学。博士(心理学)。現在、北海道大学大学院教育学研究院准教授。主要な研究領域は、発達心理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

今のところずっと一番最後

0
どの章も興味深く、また平易な文章で読みやすかった!レポートに役立ったかどうかは別として(笑)2017/10/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11622573

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。