「進め社」の時代―大正デモクラシーの明暗

個数:

「進め社」の時代―大正デモクラシーの明暗

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 209p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787793089
  • NDC分類 309.021
  • Cコード C1021

内容説明

大正期の唯一最大のプロレタリア・ジャーナリズムであった進め社と雑誌「進め」は、主宰者、福田狂二が昭和になって国家社会主義・日本精神主義へと歩んだため、日本現代史から抹殺された。大正期に社会主義陣営内部から初めての共産党批判を展開するなど、日本社会主義の揺藍期の空白を進め社の社員だった著者が埋める。

目次

はじめに―福田狂二と「進め社」の時代
社会主義宣伝情報誌『進め』の創刊
社会主義伝導とロシア行き
社会運動討伐同盟
大逆事件の黒い影