責任と償い―慰安婦・強制連行 日本の戦後補償への国際法と国連の対応

個数:
  • ポイントキャンペーン

責任と償い―慰安婦・強制連行 日本の戦後補償への国際法と国連の対応

  • 国際人権研究会【編】
  • 価格 ¥2,200(本体¥2,000)
  • 新泉社(1993/05発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 100pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 309p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784787793041
  • NDC分類 210.75
  • Cコード C1036

内容説明

国連を中心とした国際社会での批判を収録し、世界的にみてその犯罪・被害の質はなにか、いま日本はどう責任をとるべきなのかがよくわかるはじめての書。

目次

1 「従軍慰安婦・強制連行問題」解決への道
2 国際法から「従軍慰安婦・強制連行問題」を問う
3 重大人権侵害の被害者への償い
4 ユス・コーゲンス―人権法を強制する
5 「資料」国連が審議した「従軍慰安婦・強制連行問題」