シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 泉北丘陵に広がる須恵器窯 陶邑遺跡群 (改訂版)

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
泉北丘陵に広がる須恵器窯 陶邑遺跡群 (改訂版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月29日 11時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 96p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787722508
  • NDC分類 216.3
  • Cコード C1021

出版社内容情報

古墳時代から平安時代にかけて、大阪南部に営まれた列島最大最古の須恵器窯群。その窯の構造と流通、集落をふくめた生産の全貌を明らかにするとともに、古墳の年代比定になくてはならない須恵器の型式編年を解説。改訂版では、各型式がどの窯から出土しているかを表示する。

内容説明

古墳時代から平安時代にかけて、大阪南部の泉北丘陵では、列島最大最古の須恵器窯群が連綿と営まれた。その窯の構造と流通、集落をふくめた生産の全貌を明らかにするとともに、古墳の年代比定に多大な貢献をする須恵器の型式編年の実際をわかりやすく解説する。

目次

第1章 古墳研究の現場にて(年代を計るものさし;さまざまな須恵器 ほか)
第2章 陶邑遺跡群の発掘(泉北ニュータウンの造成;生産遺跡への着目 ほか)
第3章 陶邑遺跡群の構成(窯跡の分布;窯の構造と変遷 ほか)
第4章 文献史料にみる陶邑(記紀にみる地名伝承;郷名と氏族の分布)
第5章 型式編年の方法と陶邑編年(編年の条件;絶対年代との対応 ほか)

著者等紹介

中村浩[ナカムラヒロシ]
1947年、大阪府生まれ。立命館大学文学部卒業。大阪府教育委員会文化財保存課をへて現在、和歌山県立紀伊風土記の丘館長。大阪大谷大学名誉教授。博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。