シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 鎮護国家の大伽藍・武蔵国分寺

個数:
  • ポイントキャンペーン

シリーズ「遺跡を学ぶ」
鎮護国家の大伽藍・武蔵国分寺

  • 福田 信夫【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 新泉社(2008/12発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 75pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月13日 19時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787709325
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

奈良時代の中頃、天然痘の流行、飢饉、藤原広嗣の乱など王権の危機に直面した聖武天皇は、各国に国分寺の建立を命じた。そして都からはるか遠く離れた武蔵国に、諸国の国分寺のなかでも最大の規模をほこる僧寺・尼寺が造営された。大伽藍の威容とその変遷を語る。

目次

第1章 「国華にふさわしい好処」に建つ(曠遠なる国の国分寺;国分寺造営の背景)
第2章 江戸時代に始まる探究(江戸時代の地誌ブーム;科学的調査の出発点)
第3章 武蔵国分寺を掘る(発掘調査が始まる;大伽藍の範囲;尼寺跡の調査;東山道武蔵路)
第4章 大伽藍の威容とその変遷(寺跡の構造;武蔵国分寺の変遷;武蔵国分寺の規模;付属諸院;武蔵国分寺の古瓦)
第5章 歴史のまち国分寺(歴史公園;僧寺跡の保存整備)

著者等紹介

福田信夫[フクダノブオ]
1951年、東京都生まれ。明治大学文学部史学地理学科考古学専攻卒業。東京都国分寺市教育委員会で埋蔵文化財保護行政、国指定史跡武蔵国分寺跡の保存整備に携わる。現在、同教育部ふるさと文化財課課長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

rbyawa

2
e151、かつて律令制の頃、武蔵国府と対として作られた国分寺、というのは概念としてまではわかるものの、どうも地域資料を読んでいても「いつなくなったかわからない」「発掘されたのはつい最近」と言われていて全貌が掴めず、この本を手に取ったら語られているだろう、と思っていたが、新田義貞が鎌倉攻めの時に燃やし(どこを攻めてた時?!)再建する替わりに薬師堂、とか、瓦が祟るからって数百年置き去りにしてあったりと、わりとはっきり徹底して放置していた…らしい。でもこの国分寺が日本で最大だったらしいんだよなぁ、なんだろこれ。2014/05/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1842682
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。