シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 戦争遺跡の発掘―陸軍前橋飛行場

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
戦争遺跡の発掘―陸軍前橋飛行場

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月22日 19時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787708373
  • NDC分類 213.3
  • Cコード C1021

出版社内容情報

近年、アジア太平洋戦争時の基地や防空壕、軍事工場などの「戦争遺跡」の調査や保存・見学が各地で盛んに行われるようになった。戦争末期に特攻隊の訓練基地ともなった陸軍前橋飛行場のケースから、戦争遺跡の考古学が当時の歴史を語る上で多大な役割を果たすことを訴える。

内容説明

アジア太平洋戦争の末期、群馬県高崎市の郊外に陸軍の飛行場が急造された。農地をつぶしての造成と住民・児童の勤労奉仕、特攻隊の突撃訓練、米軍の空襲など、戦争の実相を考古学的発掘調査と地元資料、米軍資料などから明らかにし、戦争遺跡発掘の意義を訴える。

目次

第1章 村に飛行場がやって来た(榛名山の裾野;陸軍の本土飛行場計画 ほか)
第2章 飛行場造成の痕跡(細長い発掘区;接収された田畑 ほか)
第3章 飛び立った特攻隊(特攻隊の訓練基地へ;訓練と苦悩の日々 ほか)
第4章 空襲、そして敗戦(機能を失う飛行場;対空機関銃砲座の発見 ほか)

著者等紹介

菊池実[キクチミノル]
1954年、群馬県生まれ。國學院大學大学院博士課程前期修了。現在、(財)群馬県埋蔵文化財調査事業団主席専門員。第32回藤森栄一賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

rbyawa

1
e332、昭和16年の時点で太平洋戦争が始まって、昭和17年に全国的に調査が行われて昭和18年以降に作られたという飛行場の一つがこの陸軍前橋飛行場。教育のための飛行場らしいんですが末期に特攻部隊が所属していたのもここ、ということになってしまうのか。もともと水田の中に作られたので戦後1951年にもとの所有者に返され、その結果保存状態が良かったんだろうね、県道を作る時に近くを通るために再調査。もともと戦争遺産系の人で他のシリーズとは著者さんの系統も違うっぽいね、飛行場で生活していた人や施設などの話もあります。2014/11/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/907357

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。