ハッピーエンドに殺されない

個数:

ハッピーエンドに殺されない

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月16日 20時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784787292452
  • NDC分類 779.9
  • Cコード C0095

出版社内容情報

「cakes」の人気連載「女と結婚した女だけど質問ある?」、書籍化!



「ゲイやレズビアンが異性を好きになることもあるの?」「同性愛者の見分け方ってあるの?」「女性と交際していますが、男性の体が恋しくなります」――多様な性に関わる切実でストレートな質問や意見に真摯に向き合う連載エッセーから、人気上位とイチオシを30本厳選して大幅に加筆・修正。また、書き下ろしエッセーなど17

内容説明

「cakes」の人気連載「女と結婚した女だけど質問ある?」、書籍化!人気上位を厳選して大幅に加筆・修正。また、書き下ろしも増補。結婚というおとぎ話のハッピーエンドを打ち破り、性にとらわれず「私を生きる」メッセージに満ちたエッセイ。

目次

1 “私”ということ(「女でよかった」と「男になりたい」をぐるぐる繰り返してしまいます;私の性的指向、どうやって調べればいいの? ほか)
2 人と関わるということ(男女の友情ありえる派♀―ありえない派♂の間の事故防止策;同性愛者だと両親にばれたら泣かれてしまう。そう思うのがつらいです ほか)
3 考えたこと(六歳児「お姉さんも早く結婚して赤ちゃん産めるといいね!」;マンハッタンのレズビアンクラブで ほか)
4 話したいこと(授業中に突然AV女優の名前を叫ぶ芸で男子から大人気だったBくんへ;何を聞いても誰といても自分の趣味の話しかしなかったAさんへ ほか)

著者等紹介

牧村朝子[マキムラアサコ]
タレント、文筆家。2010年度ミス日本ファイナリスト。13年、フランスでの同性婚法制化を機に結婚。芸能事務所・オフィス彩に所属してテレビで活躍。17年に事務所から独立し、「脱婚」。LGBT関連にとどまらず多面的に活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

katoyann

19
「cakes」というネット上のコンテンツプラットフォームに連載されていたエッセイを大幅に加筆修正した作品。自分と他人が別の人間だという感覚=「自他分離」と個人と全体を分けて考える感覚=「個全分離」(61-62頁)を理解することで、自他を尊重する感覚が養われるとあり、この考えが本書を貫く鍵になっていると思う。「叔父さん」と交際する近親恋愛も、性欲は湧かないけど一緒にいたいと思う感覚も、自分の自由であり、社会に押し付けれた常識や規範に縛られて生きる必要はないという。日常に潜む思考停止を問題にする論点が面白い。2021/07/25

かす実

11
男になりたかった。JKじゃなくて人間で学生でありたかった。特別な女の子への気持ちを恋と呼びたかった。強い筋肉が欲しかった。あいつらの仲間になりたかった。とか、とか、そんな思いはいくらでもあるけど、今年一年間、しかと自分の中の「女」と対峙してきて、女として生きる決意を固めてきたつもりだ。私は女という概念が好きだし、私の目の前では強くてカッコよくて尊敬すべき女性が沢山戦ってる。私も、私の好きな女でいなくちゃな。牧村さんは誠実な愛の人です。2018/12/16

田仲

11
あとがきっぽいところしか読んでいないけれど、私は、まきむぅの書く文が好きだし、まきむぅの考え方もものすごく好きです。私は赤いリンゴを持ってる、私は青いリンゴを持ってる。自分の持ち物を相手に見せることに必死にならず、そのリンゴを食うのよ!まきむぅの力強い言葉に、心が温かいお湯をかけられたかのように居心地良くなる。リンゴ、食べなきゃ。多くの皆さん、読んでみてください。2017/11/12

10
ハッピーエンドに殺されてなるものかと、時に軽やかに時に喰いしばるように話しかけてくれる言葉にほっと息をつく。寒い場所からあたたかい家に入ったような。賑やかな部屋から一人家路につく時のような。 小さい頃にこんなおねえさんがいて欲しかったと話す筆者の気持ちがよく分かる。押し付けるのではない距離感でそこにいて、生きて、闘って、笑いかけて、また本に目を戻すような人。私もこの言葉くらい心地よくありたい。2018/07/21

みつ

8
牧村さんのスタンスに救われる。私は私を生きてやる。幼い自分を生きるために、他人がくれたいろんなラベル。そのラベルが、カテゴライズが古くなったと感じたら、自分でそのラベル張り替えちゃえばいい。愛してるの定義なんて、人それぞれ。色んな要素が絡みあって、それぞれがそれを愛と呼ぶ。私の幸せは、私が決めていい。他人の幸せは、私がとやかく言うことじゃない。 自然体で、大好きな人を大好きって言って、生きていきたい。2019/08/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12294879

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。