青弓社ライブラリー<br> 「家族」はどこへいく

個数:
電子版価格 ¥1,728
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

青弓社ライブラリー
「家族」はどこへいく

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年12月15日 06時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 229p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784787232816
  • NDC分類 367.3
  • Cコード C0336

内容説明

少子化・高齢化・晩婚化が同時に進行するなかで、DVや児童虐待、子殺し・親殺しのニュースが毎日飛び交い、「家族」がきわめて今日的な問題として浮上している。これを「家族の危機」として捉えるかぎり、「危機」の原因を探り、崩壊を嘆く言説は流通しつづけるだろう。それに対して本書では、病理の象徴として家族を論じるのではなく、家族を論じることを通して社会のありようを注視する。具体的には、捨て子が文化としてあった江戸期の家族像や戦後日本における家族の変容などの歴史事象を確認し、人口減少社会の実情や地域と家族の関係性を把握し、家庭内殺人をめぐるメディア報道のあり方などを俎上に載せて家族をめぐる問題系を読み解く。家族と社会の「これまで」と「これから」を見定める格好の入門書。

目次

第1章 家族の歴史を読み解く(一九八〇年代から九〇年代へのパラダイム転換;近代家族と子育て ほか)
第2章 戦後日本の家族はどう変わったか(戦後日本の家族の話をするにあたって;日本の「家」と日本型近代家族 ほか)
第3章 都市・家族・ネットワーク(戦後家族の変化;地域社会と家族 ほか)
第4章 人口減少社会と家族のゆくえ(人口減少社会は不可避;少子化はなぜ問題か ほか)
第5章 都市化に伴う家族の変容(現代民俗学とその視点;現代家族は崩壊したのか―そのリアリティーと現実 ほか)

著者等紹介

沢山美果子[サワヤマミカコ]
1951年、福島県生まれ。順正短期大学幼児教育科教授。専攻は日本教育思想史、女性史

岩上真珠[イワカミマミ]
1949年、広島県生まれ。聖心女子大学文学部教授。専攻は家族社会学、ライフコース論

立山徳子[タテヤマノリコ]
1963年、東京都生まれ。関東学院大学人間環境学部准教授。専攻は都市社会学、家族社会学、パーソナル・ネットワーク論、郊外社会論

赤川学[アカガワマナブ]
1967年、石川県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科准教授。専攻は社会問題の社会学、歴史社会学、セクシュアリティ論

岩本通弥[イワモトミチヤ]
1956年、東京都生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。専攻は民俗学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。