21世紀への遺伝学<br> 分子遺伝学

個数:

21世紀への遺伝学
分子遺伝学

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 276p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784785358150
  • NDC分類 467.2
  • Cコード C3045

出版社内容情報

《内容》  本書は最初にこれまでの分子遺伝学の歩みのポイントを述べ,次に微生物遺伝学の 解説,遺伝子の構造や複製,そして遺伝情報の発現について記述する.  さらに遺伝情報の変化から生物の進化機構を探る分子進化の研究や,天然に起こる突然変異の機構の研究についてまとめた.    《目次》 第1章 微生物における遺伝現象の解析 1.1 微生物の世界 1.2 遺伝的微生物 1.3 微生物遺伝学と分子遺伝学 1.4 遺伝現象および遺伝子解析技術の発達 1.5 微生物の遺伝現象――特殊性と普遍性 1.6 定常期大腸菌の分子遺伝学 引用文献 参考文献 第2章 遺伝子の本体と構造 2.1 遺伝子の本体 2.2 遺伝子の本体が核酸であることの証明 2.3 DNAの構造 2.4 DNAの塩基配列 参考文献 第3章 遺伝子複製のメカニズム 3.1 DNA複製の基本的仕組み 3.2 DNA鎖伸長の仕組みとDNA複製関連タンパク 3.3 単一レプリコンの複製開始の仕組み 3.4 真核生物染色体DNA複製の開始 3.5 複製開始の調節 3.6 複製の終了 参考文献 第4章 遺伝子の情報発現とその調節 4.1 転写酵素 4.2 転写開始シグナル 4.3 転写調節 おわりに 参考文献 第5章 遺伝の情報と分子進化 5.1 進化における遺伝子の変化 5.2 分子系統 5.3 真核生物遺伝子の進化 5.4 RNAと生命の起源 おわりに 参考文献 第6章 突然変異の分子機構 6.1 突然変異の種類 6.2 自然突然変異の誘発 6.3 DNAの自然損傷 6.4 誘導突然変異 6.5 突然変異を検出する方法 6.6 損傷の修復 6.7 発がんと突然変異 おわりに 参考文献 欧文索引 和文索引

目次

1 微生物における遺伝現象の解析
2 遺伝子の本体と構造
3 遺伝子複製のメカニズム
4 遺伝子の情報発現とその調節
5 遺伝の情報と分子進化
6 突然変異の分子機構