食品事業者のための次亜塩素酸の基礎と利用技術

個数:

食品事業者のための次亜塩素酸の基礎と利用技術

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年07月30日 04時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 147p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784782104545
  • NDC分類 588.09
  • Cコード C3058

目次

第1章 次亜塩素酸の基礎
第2章 次亜塩素酸の殺菌・不活化機序
第3章 次亜塩素酸の洗浄機序
第4章 次亜塩素酸の高分子材料への浸透と脱臭・脱色・抗菌機序
第5章 野菜の洗浄・殺菌への利用
第6章 室内空間における低濃度次亜塩素酸の安全性
第7章 超音波霧化噴霧による空間微生物の制御
第8章 強制通風気化方式による空間微生物の制御
第9章 次亜塩素酸のシリコーンゴムへの透過と種々の不活化作用
第10章 次亜塩素酸による局部腐食と劣化

著者等紹介

福〓智司[フクザキサトシ]
1964年広島県安芸郡府中町生まれ(本籍:鹿児島県)。1988年広島大学工学部醗酵工学科卒業。1991年広島大学大学院醗酵工学科博士課程後期修了(工学博士)。岡山県工業技術センター入所。食品工学研究室長、食品技術グループ長、研究開発部長を歴任。2005年岡山県立大学大学院保健福祉学研究科准教授(兼務(2005~2011))。2012年岡山県立大学大学院保健福祉学研究科教授(兼務(2012))。2013年三重大学大学院生物資源学研究科教授。日本防菌防黴学会英文誌編集委員長(兼務(2017年~))。EHEDG(European Hygienic Engineering&Design Group)公認トレーナー(兼務(2017年~))(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。