コツがわかる本 STEP UP!ジュニアシリーズ<br> 13歳からの「ネットのルール」―誰も傷つけないためのスマホリテラシーを身につける本

個数:
電子版価格 ¥1,793
  • 電書あり

コツがわかる本 STEP UP!ジュニアシリーズ
13歳からの「ネットのルール」―誰も傷つけないためのスマホリテラシーを身につける本

  • 提携先に5冊在庫がございます。(2021年10月18日 05時23分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784780424072
  • NDC分類 K007
  • Cコード C6065

出版社内容情報

ネット・SNS のルールについて、使用が増えてくる中学生に向けてまとめた本。青少年に向けた今、必要な内容。

内容説明

フェイクニュースを見破るには。SNSの反応が気になるときは。著作権、肖像権って?炎上したらどうなる?スマホを手に入れた君たちへ。ネットで絶対に失敗しない方法、教えます!自分も相手も巻き込まない。日本全国の学校で伝授された、「ネット情報との接し方」。

目次

第1章 ネットモラルなんていらない(ネットモラルなんていらない;渋谷のスクランブル交差点でこんなことできる?;投稿はなぜ消えない? ほか)
第2章 みんなの疑問に答えます!(フォロワーを増やしたい;有名人と友達になりたい;YouTuberは儲かるの? ほか)
第3章 保護者の疑問に答えます!(スマホを与えるのはいつ?;白紙ルールで大丈夫?;「お試し」はいつやめる? ほか)

著者等紹介

小木曽健[オギソケン]
情報リテラシー専門家/1973年埼玉県生まれ。IT企業でCSR部門の責任者を務める傍ら、書籍や講演、メディア出演などを通じて「ネットで絶対に失敗しない方法」やネットリテラシーに関する情報発信を幅広くおこなっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

モモ

47
全国の学校で講演されている小木曽健さん。具体的で分かりやすい。彼氏に「裸の画像を送ってほしい」と言われ、嫌われたくなくて送ったところ、彼氏がミスって拡散…の質問では『「画像を送れ」はバカ男子。絶対にやらかすので送らない。あなたを大切にしていない、リスクを理解できない男です』と一刀両断。確かに本当に大切な女の子には、そんなこと頼まないよな。他にも「スマホで成績が下がる?」では『成績が下がったのはスマホのせいではなく、勉強時間が減ったから』は確かにそうかも。特に中学生に読んでもらいたい一冊。2021/01/31

メープル

17
小6息子が、興味深く最後まで読んでいて、勧められ私も読みました。子供にも分かりやすいけど、親でも分かりやすいしとても参考になりました。ネットと子供。ついついネガティブなイメージになりがちでしたが、偏見もあったなぁ。と反省。私もよくわかってない事も多いので、息子と勉強しながらうまく付き合っていけたらいいなぁ。2021/02/20

がらくたどん

11
同僚のお勧め。表題には「スマホリテラシー」とあるが、むしろ広義のネット情報との付き合い方を分かりやすく解説した良書。ネットもリアルもモラルは同じ。リアルな人間関係でしたらいけないことや危険なことは当然ネット上でもいけないし危ないという当たり前のことを子供に届く言葉できっちり説明している。炎上への賢い対処法とか拡散希望への対応方法とか具体的な知恵も豊富で自分も勉強になった。何よりもスマホ世代の子供とイマイチ腰が引けている親の世代を共通理解で繋ごうという作者の姿勢が感じられ好感を持った。2021/02/21

西澤 隆

8
小木曽さんの講演は何度か見ているけれど、都度どんどんアップデートされている。それに伴って「スマホはじめて」世代への本も少しずつアップデート。字も大きく、分量も少なめで、詳しさよりも「伝わること」を意図したものだと思う。そういう意味では本書は「11歳からの正しく怖がるインターネット」のアップデート版かな。「最新事例」にこだわってきちんと対応するのではなく、汎用的な「こう考えればトラブルに遭遇しにくい」という土台作りを重視する伝え方は実はとても重要。「ネットだから」ではなく駄目な物は駄目。シンプルに考えよう。2021/02/02

kikiみみ

5
13歳からの…とあるから、文字も多め。でも、質問形式できちんと読まなくてはいけないところは青字にしてあるのでそこだけ読んでもいい。危ないことは危ない!いけないことはいけない!とはっきり言うのは大事だ。2021/02/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16653657

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。