概念分析の社会学―社会的経験と人間の科学

  • ポイントキャンペーン

概念分析の社会学―社会的経験と人間の科学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 274p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784779503146
  • NDC分類 361.04
  • Cコード C3036

内容説明

専門的知識と社会的経験。概念を介した両者の相互作用のなかに実践の論理を探る。

目次

第1章 類型から集団へ―人種をめぐる社会と科学
第2章 遺伝学的知識と病いの語り―メンバーシップ・カテゴリー化の実践
第3章 医療者の“専門性”と患者の“経験”
第4章 触法精神障害者の「責任」と「裁判を受ける権利」―裁判と処罰を望むのはだれなのか
第5章 「被害」の経験と「自由」の概念のレリヴァンス
第6章 化粧と性別―“素肌”を見る方法
第7章 優生学の作動形式―永井潜の言説について
第8章 科学社会学における「社会」概念の変遷

著者等紹介

酒井泰斗[サカイタイト]
1967年生まれ。大阪大学大学院理学研究科物理学専攻修士課程中退。音楽制作会社を経て現在は金融系企業のシステム部に所属。ルーマン・フォーラム管理人

浦野茂[ウラノシゲル]
1967年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。社会学専攻。青森大学准教授

前田泰樹[マエダヒロキ]
1971年生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。博士(社会学)。社会学専攻。東海大学准教授

中村和生[ナカムラカズオ]
1970年生まれ。明治学院大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。社会学専攻。明治学院大学他非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。