奇跡の道程―少女二人、朝鮮半島縦断引き揚げの記録

個数:

奇跡の道程―少女二人、朝鮮半島縦断引き揚げの記録

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 158p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784779110801
  • NDC分類 916
  • Cコード C0036

内容説明

昭和20年8月12日北朝鮮の羅津―。家族とはぐれ、自分たちだけで日本まで引き揚げなければならなくなった若き姉妹二人は、どのように生きたのか。雑草だけの食事、収容所のたらい回し、獣になったソ連兵、決死の38度線突破…。想像を絶する1年と1ヶ月のドキュメント。

目次

1部 一年一ヶ月(終焉の羅津;兵装の兄;苦難の幕開け;北朝鮮流浪 ほか)
2部 家族と恩戚の人々(母と妹;父の部下達;石井豊校長先生と私;彼は何処に ほか)

著者等紹介

得能喜美子[トクノウキミコ]
1930年東京都葛飾区金町に生まれる。1956年得能雄治と結婚。1967年千葉地方裁判所松戸支部事務官を退職、以後専業主婦として今日に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。