元コミュ障アナウンサーが考案した会話がしんどい人のための話し方・聞き方の教科書

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

元コミュ障アナウンサーが考案した会話がしんどい人のための話し方・聞き方の教科書

  • 吉田 尚記【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • アスコム(2020/08発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 30pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月22日 17時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 335p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784776210771
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C0030

出版社内容情報

【「やってみた」体験談も多数掲載!元・コミュ障の著者による、本当に使える&一番やさしいコミュニケーションの教科書!】
「30秒の会話もつらい」「うまく話せなくて気まずい」「人と話すのが怖い」
そんな、しんどい気持ちをお持ちの方に読んでいただきたい、一番やさしい会話術の本ができました。

【元・コミュ障×コミュニケーション専門家×現・コミュ障メンバーによる、今までにない本】
著者のニッポン放送アナウンサー・吉田尚記さんは、元・コミュ障。入社したばかりの頃は、うまくコミュニケーションを取ることができず、ゲストからも「絡みにくいアナウンサー」といわれてしまうなど、失敗の連続でした。

そんな著者が試行錯誤しながら20年かけて編み出した会話術を、コミュニケーションに関する専門家3名が学術的に検証。
アドラー心理学、談話分析、脳科学など、専門的な見地から「話し方・聞き方のコツ」をお伝えします。

そして本書の制作のために集まってくれた、コミュニケーションに悩んでいる約30名のメンバーと著者、専門家が1つのチームとなり、「どんなことに悩んでいるか」「どうすれば解決ができるか」を話し合い、実践しながら作り上げたのが本書です。

【誰でもすぐに使える超・初心者向けの「会話の武器」が満載】
本書には、制作メンバーから挙げられた「リアルなコミュニケーションの悩み」を解決するための「会話の武器」が24個掲載されています。
「初対面の人とうまく話せない」「1対1で話すのが怖い」「仕事なら話せるけど、雑談ができない」「美容院での会話が苦手」など、具体的な悩みにすぐに使える「武器」ばかりです。

【リアルな実践例「やってみた」も多数収録】
本書の後半には、「武器」を実際の会話で「使ってみた」実践例も掲載。

「これまでは話しかけないでオーラを出してしまっていた美容院で、美容師さんと楽しく会話をすることができた」

「雑談が苦手で職場の同僚との会話も途切れがちだったが、話の輪に加われるようになり職場の居心地もよくなった」

本書の「武器」を使ってみたことで、前よりも会話が楽しくなった、少し楽に話せるようになったなど、勇気を持って一歩踏み出せたという声をたくさんいただきました。

話し方・聞き方のコツを身に着けることで、より前向きに、楽しく誰かと接することができるようになれば、周りの世界や人生の可能性も大きく広がっていくはずです。

内容説明

会話の気まずい、こわい、嫌われたくないを卒業できる!30秒の会話もつらい…というあなたに。今日から、今からすぐに使える!元コミュ障アナウンサーによる、会話がしんどい人のための一番やさしい会話術。

目次

第1章 「会話がしんどい」から卒業したいあなたへ(そもそも「コミュ障」って何?;元・コミュ障だから伝えられること ほか)
第2章 私たちは何のために会話をするのか(3人の研究者を「召喚」してみた;ムダ話は人間関係の根本だ ほか)
第3章 今日から使える!会話がしんどくなくなる話し方・聞き方の武器24(すぐに使える「武器」があれば、会話は怖くない;悩み1 会話のパスをうまく返せず頭がまっ白になる ほか)
番外編 オンラインコミュニケーションのコツ(これまで経験したことのないコミュニケーションの形;オンライン会話のメリット・デメリットとは ほか)
第4章 「怖い」を乗り越えた先にあるもの(「ツッコミ」には、コミュニケーションの根本が隠れていた;自分の常識を提示することの怖さ ほか)

著者等紹介

吉田尚記[ヨシダヒサノリ]
1975年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。ニッポン放送アナウンサー。ラジオ番組でのパーソナリティのほか、テレビ番組やイベントでの司会進行など幅広く活躍。またマンガ、アニメ、アイドル、デジタル関係に精通し、「マンガ大賞」発起人となるなど、アナウンサーの枠にとらわれず活動を続けている。2012年に第49回ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

kishi

15
これは実践的な本!2021/02/28

すみれ

14
お借りした1冊✧︎* 会話するにも,みんな色んなのことを考えているんだなぁと!自分は普段能天気に話してたんだなぁと考えさせられました😅2020/09/25

ニョンブーチョッパー

9
★★★☆☆ 第3章に書かれている「今日から使える武器」が役立ちそう。特に、武器2 疑問形で質問する、武器6 『相談する』スタイルで話をすすめる、武器16 知らないことを「教えてもらう」ことで会話を進めるあたりは機会があれば使ってみようと思う。2020/12/30

Eric

9
会話調だが、会話の悩みをパターンごとに分類して、対処法を述べているのでかなり実践的。また専門家や有名人へのインタビューが豊富で、納得感がある。 特に使えると感じたのは以下のスキル。 - 相手の言葉をオウム返しする。 - えっ!?あっ!でリアクションする。 - 「なぜ」の代わりに「どうやって」と聞く。 - 頭に浮かんだ感情を描写する。 会話途中で沈黙した時、何も思い付かなくて困る事が多いので、とりあえず何らかの反応を示して間を持たせるのが良いと学んだ。しばらく実際の会話で使ってみて会話のスキルを磨きたい2020/11/30

ゆき

7
元コミュ障のアナウンサーが考案した会話がしんどい人のための話し方・聞き方の教科書というタイトルに惹かれて購入。 表紙に絵が描かれていて、駅まで一緒に帰りません?と問いかけた男性に対して、心の中で、うわ~…何を話そう…と言う女性がいます。 この絵の女性の気持ちもよくわかります。 そんな気持ちを抱く人にはお勧めの本です。 自分の話す内容に不安があって離せない人もいると思います。でも、自分の話した内容をどう受け止めるかは相手次第なんですよね。 まさに今日から使える会話術といった内容の一冊でした。2021/02/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16413703

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。