幻想と怪奇〈6〉夢境彷徨 種村季弘と夢想の文書館

個数:

幻想と怪奇〈6〉夢境彷徨 種村季弘と夢想の文書館

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月26日 16時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 296p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784775319215
  • NDC分類 908.3
  • Cコード C0098

出版社内容情報

ボルヘスが言う「すべての文学ジャンルの中で最も古くて複雑なジャンルをつくり上げている」もの――夢(『夢の本』序文)。本書では、古今の幻想と怪奇の物語から、夢と悪夢を描いたものを集めた。
ギリシャ神話の神々に招かれ、ホメロスはじめ偉大な詩人たちと邂逅する夢。インドの修行僧となり苦行に堪える夢。果てしないチェスの対局や、猫を連れた少女に誘われて踏み込んだ妖精郷での冒険。目覚めの世界を侵食する悪夢。そして、見たままに夢を書き記す小説家の作品も。
種村季弘の未発表翻訳作品から、英国幻想文学大賞受賞作まで。冊中さらにアンソロジーを収めた、小さな夢想の文書館が、開館の時間を迎えました。

内容説明

本書では、古今の幻想と怪奇の物語から、夢と悪夢を描いたものを集めた。ギリシャ神話の神々に招かれ、ホメロスはじめ偉大な詩人たちと邂逅する夢。インドの修行僧となり苦行に堪える夢。果てしないチェスの対局や、猫を連れた少女に誘われて踏み込んだ妖精郷での冒険。目覚めの世界を侵食する悪夢。そして、見たままに夢を書き記す小説家の作品も。種村季弘の未発表翻訳作品から、英国幻想文学大賞受賞作まで。冊中さらにアンソロジーを収めた、小さな夢想の文書館。

目次

詩と神々
種村季弘とドイツ夢幻譚(商務顧問官クーノ・ヒンリクセンと贖罪者ラララジュパット‐ライ;怪人タネムラを追って夢の世界へ)
書き留められた夢(セイレーンの歌(新訳)
断崖館―ある幽霊物語)
夢魔は目醒めのうちに(影;闇の国(改稿新版)
悪夢
メデュウサ
金の鋏)
夢見る人々(アルバート・モアランドの夢;静かに!夢を見ているから;トルネード・スミスの大冒険)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あたびー

28
#日本怪奇幻想読者クラブ 夢テーマということでナイトキャップにしていたら、寝落ちが続いて大変に時間がかかってしまいました。大冊なので特に好んだところを。HCアルトマン「緑色の封印がされたお告げ」は一番楽しく読んだ。絶対に見なさそうな夢とその夢判断は、全部読んでみたいし、これこそ枕辺に置きたい。エドワード・ルーカス・ホワイト「セイレーンの歌」は、オデュッセウスとしての聴覚障害者が幻想的で恐ろしいセイレーンの島での出来事を語る話。先天的な聴覚障害者の発声についてちと疑問は残る。2021/06/28

ハルト

9
読了:◎ 「夢境彷徨」とあるように、夢と現実の狭間をゆらりゆらりと行き来する、そんな作品たちがつまっている。種村季弘の未発表翻訳作品が載っているのがよかった。一編一編、中には悪夢もあったけれど、夢うつつな気持ちになりながら読了でき、恍惚な気持ちで夢の世界をさ迷えた。「セイレーンの歌」「断崖館」「闇の国」が好きだった。あと「トルネード・スミスの大冒険」の翻訳者の名字が渦巻さんで、偶然だろうけど、にやりとしてしまった。2021/09/30

5〇5

5
今回のテーマは「夢境彷徨」。夢と悪夢を描いたものが集められている。これはいったい夢幻なのか、はたまた夢想なのか。そこには夢魔もあれば白昼夢もある。気づけば夢見心地のまま夢中で読みふけっていた。2021/12/02

timeturner

3
マイリンクの未発表翻訳作はなんとも嫌味な諧謔に満ちていて楽しめた。時代を超えたリアルだな。他の収録作品もそれぞれに面白かったが、パウル・シェーアバルトによる戦慄の黙示録、フリッツ・ライバーのおぞましい異世界ファンタジーが印象に残った。2021/07/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17869588

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。