その痛み、手術しなくても治ります!―椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・変形性膝関節症・坐骨神経痛

個数:

その痛み、手術しなくても治ります!―椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・変形性膝関節症・坐骨神経痛

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2018年11月17日 19時49分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784774516905
  • NDC分類 494.7
  • Cコード C0047

内容説明

痛みの真犯人は骨ではない!絶対に手術をしたくない人必読!整形外科医が実践する「筋肉ゆるゆる療法」。

目次

第1章 なぜ日本の医療は「痛み」を治せないのか?(間違いだらけの「痛み」の治療;すべては患者さんから教えてもらった ほか)
第2章 「まずは痛みを取り除く」が私の信念(「痛みを取り除く」ことが医者の仕事;トリガーポイント注射 ほか)
第3章 症例で見る痛みの取り方(車椅子生活も覚悟した両足のしびれと腰痛がトリガーポイントテーピングで解消;トリガーポイント注射で、むち打ちによる首と肩の痛みが消えた! ほか)
第4章 自分でできるトリガーポイントテーピング(症状・疾患別のトリガーポイントテーピング;その他の症状のトリガーポイントテーピング ほか)

著者等紹介

清水泰雄[シミズヤスオ]
清水整形外科醫院院長。1979年に昭和大学医学部卒業、同時に昭和大学病院整形外科学教室に入局。東京共済病院、日本鋼管病院、社会保険相模野病院(現・相模野病院)整形外科部長を経て、1990年に清水整形外科醫院を開業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

腰痛の原因は、椎間板や脊柱管などの異常ではなかった!

1995年、国際腰痛学会が「腰痛のない人」4000人のMRIを撮ったところ、76%に椎間板ヘルニアが見つかった。これまで常識とされてきた腰痛治療が間違っていたことをこの研究データはいみじくも暴露した。

とてつもなく痛い神経ブロック注射や成功するとは限らない手術はもういらない!

痛みのほとんどは筋肉をゆるめるだけでスッキリ解消することを豊富な症例が証明する。

自分でできるテーピング法も紹介。

清水 泰雄[シミズ ヤスオ]
著・文・その他