シリーズ紙礫<br> テロル―Terror

個数:

シリーズ紙礫
テロル―Terror

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月26日 19時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 365p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784774406114
  • NDC分類 316.4
  • Cコード C0095

内容説明

テロという言葉を汚したのは?9.11以後、見えなくなったテロリストの心情。

目次

ココアのひと匙―石川啄木
入獄紀念・無政府共産・革命―内山愚童
自叙伝(抜粋)・伊藤さんの罪状一五箇条・東洋平和論(序文)―安重根
死出の道艸(抜粋)―菅野/すが子
死の叫び声―朝日平吾
後事頼み置く事ども―和田久太郎
虎ノ門事件 難波大助訊問調書(抜粋)―難波大助
杉よ!眼の男よ!―中浜哲
死の懺悔(抜粋)―古田大次郎
何が私をこうさせたか(抜粋)―金子ふみ子
山口二矢供述調書(抜粋)
国家革新の原理 学生とのティーチ・イン(抜粋)

民族派暴力革命論(抜粋)
「十六の墓標は誰がために

著者等紹介

鈴木邦男[スズキクニオ]
1943年、福島県郡山市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。在学中から右翼・民族派運動に関わる。70~74年、産経新聞社勤務。72年、新右翼団体「一水会」を結成。99年まで代表を務め、現在は顧問。作家として、また、塾講師、トークイベントの講演者・パネリストとしても活躍中。テロリズムを否定し、言論での戦いを主張(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。