シリーズ紙礫<br> 闇市

個数:

シリーズ紙礫
闇市

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 335p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784774406053
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0095

内容説明

戦後70年、「闇市」をめぐるはじめての短編集。

著者等紹介

モラスキー,マイク[モラスキー,マイク] [Molasky,Michael S.]
1956年米国セントルイス市生まれ。1976年に初来日し、のべ20数年日本滞在。シカゴ大学大学院東アジア言語文明学研究科博士課程修了(日本文学で博士号)。ミネソタ大学、一橋大学教授を歴任。2013年秋学期より早稲田大学国際学術院教授。日本の戦後文化や都市空間を通じて、現代日本社会を捉えなおす講義を担当。日本語の著書に、『戦後日本のジャズ文化』(青土社、2005年、サントリー学芸賞受賞)がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯

48
戦中、戦後、配給が乏しかった時代、庶民にとって無くてはならなかった闇市。その闇市を舞台とした作品、闇商品を売買する商人が登場する作品、闇市が登場する作品などの闇市アンソロジー。太宰治、平林たい子、坂口安吾、野坂昭如、永井荷風、石川淳など、どの作品も味わい深かった。皓星社の紙礫シリーズ1作目らしい。この出版社から出ている紙礫シリーズ2作目の街娼 パンパン&オンリーや、3作目の人魚のアンソロジーも読んでみたい。2016/10/30

きんてつ

17
戦中、戦後の闇市をテーマに著名な作家による短編集。先入観と違い、読みやすく面白ーい。昔の名作もかじってみようかな。2016/01/24

渡邊利道

3
昭和文学のテーマアンソロジー。戦中戦後の闇市の記憶を鮮やかに、また幅広く想起させる作品が集まっている。女性作家の作品の理知的で丁寧な文体、男性作家の朴訥にリアリズムだったおが戦後には逆に振れて戯作的になる作品群が何重にも屈折を感じさせる対照で興味深い。あと解説が丁寧で非常に面白かった。ひとつひとつの短編の出来はともかくとしてまとめて読むことに宿るアンソロジーの本懐を感じた。〈経済流通システム〉〈新時代の象徴〉〈解放区〉の三部構成。2017/02/19

yoshizawa tutomu

2
戦中、戦後の「闇市」が絡む小説の短編集。戦後すぐを舞台にした小説を何点か読んでから(京極堂や浅田次郎等)、闇市というものに興味があった。人が必死になって生きるなかには表も裏も聖も邪もないんだということと思いました。「生きること」それが闇市の存在意義だと思いました。2016/05/13

ナツ

1
闇市、闇屋が出てくる戦後の小説のアンソロジーなので、当たり外れあり。闇市を舞台にした話ばかりではなく、あくまでストーリーの中の一要素だったりする。2018/11/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9822899

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。