川島忠之助からの便り―明治十年代横浜正金銀行リヨン出張所にて

個数:

川島忠之助からの便り―明治十年代横浜正金銀行リヨン出張所にて

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 305p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784774404622
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C3095

内容説明

ヴェルヌの『八十日間世界一周』(1872年)は早くも六年後に邦訳されていた。日本初のフランス小説の翻訳者・川島忠之助が横浜正金銀行のリヨン駐在員として故国に書き送っていたフランス演劇の見聞録の翻刻と解説。

目次

第1編 川島忠之助書簡(書簡原文)
書簡の解説(川島忠之助と書簡;伊澤信三郎;山本芳翠“裸婦”図について;書簡に登場する諸氏;諸氏の略歴と参考図書)
第2編 演劇梗概「薄命才子」(「薄命才子」原文;「薄命才子」解説)

著者等紹介

及川益夫[オイカワマスオ]
1945年東京生。1968年大学(経済)卒業、金融機関勤務。主にシステム開発担当。退職後、戦前の美術を個人研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。