マンガでわかる「固定資産税破産!!」―全国で続出する評価ミス・過大徴収

個数:

マンガでわかる「固定資産税破産!!」―全国で続出する評価ミス・過大徴収

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月16日 03時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 197p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784772660877
  • NDC分類 349.5
  • Cコード C0036

内容説明

理不尽な固定資産税から身を守れ!!2020年東京五輪開催、固定資産税が再び暴れ出す?!あまりに複雑な仕組み、全国で多発する評価ミスと過大徴収。一体課税者は何をしているのか!納税者はどうすればいいのか!固定資産税を知り尽くした著者が、マンガを使ってわかりやすく解説。

目次

第1章 固定資産税の動きから目を離すな!
第2章 野放しにできない不気味な税!
第3章 固定資産税の成り立ち自体が不可解だ
第4章 固定資産税は赤字日本を支えられるか
第5章 納税者と課税者間の埋まらないミゾ
第6章 自らの資産は自らの手で守る時代!
第7章 賦課課税制度は限界を超えてしまった
第8章 固定資産税一揆の狼煙を上げろ!

著者等紹介

稲垣俊勝[イナガキトシカツ]
固定資産税アドバイザー。瑞宝興業株式会社代表取締役社長。全国資産保全支援ネットワーク会長。昭和18(1943)年、東京・渋谷生まれ。大学卒業後、地元渋谷を拠点にして祖父の代の大正12年から続く不動産賃貸業一筋に48年。不動産の現場から税制を見続け、東京の将来を憂い、有志とともに平成6(1994)年、「ふるさと東京を守る会」を結成。現在、講演会や勉強会などの広報活動を通して、税制改革を広く訴えている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

理不尽な固定資産税から身を守れ!!
固定資産税を知り尽くした著者が、マンガを使ってわかりやすく解説。2020年東京五輪開催、固定資産税が再び暴れ出す?!
あまりに複雑な仕組み、全国で多発する評価ミスと過大徴収。一体課税者は何をしているのか! 納税者はどうすればいいのか!

第1章  固定資産税の動きから目を離すな!
第2章  野放しにできない不気味な税!
第3章  固定資産税の成り立ち自体が不可解だ
第4章  固定資産税は赤字日本を支えられるか
第5章  納税者と課税者間の埋まらないミゾ
第6章  自らの資産は自らの手で守る時代!
第7章  賦課課税制度は限界を超えてしまった
第8章  固定資産税一揆の狼煙を上げろ!

稲垣 俊勝[イナガキトシカツ]
固定資産税アドバイザー
瑞宝興業株式会社代表取締役社長
全国資産保全支援ネットワーク会長

昭和18(1943)年、東京・渋谷生まれ。東京生まれ東京育ちの生粋の東京人。大学卒業後、地元渋谷を拠点にして祖父の代の大正12年から続く不動産賃貸業一筋に48年。不動産の現場から税制を見続け、東京の将来を憂い、有志とともに平成6(1994)年、「ふるさと東京を守る会」を結成。
固定資産税の理不尽さを訴える取り組みが、平成6年7月4日号の朝日新聞社発行、週刊誌「AERA」で特集として紹介される。また同年10月20日のNHKテレビ「列島ドキュメント-ふるさと東京に暮らしたい」で取材を受け、全国放送される。いずれも活動の中心人物として紹介された。
仲間たちからは「トミー・イナガキ」の愛称で呼ばれ親しまれている。趣味の面白ネクタイコレクションは1000本を超える。今はオリジナルネクタイづくりにハマっている。365日カラフルなスーツを着て、「世の中を明るくするぞ!」をモットーに行動をしている。
現在、講演会や勉強会などの広報活動を通して、税制改革を広く訴えている。